読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古典ガール-高校古典の品詞分解と現代語訳-

高校古典の品詞分解と現代語訳の最強決定版です。これで定期試験やノート作り対策もばっちり。LINEで友達に広げて、カフェでワイワイ勉強会。

去来抄 行く春を 現代語訳

現代語訳

去来抄   行く春を 行く春を・・・(古来多くの人々がこの琵琶湖で春の過ぎ去るのを惜し んできたのだが、私もこの湖にいておぼろに霞む景色を眺めては、)春の去るのを、近江の親しい人々と惜しんだことだよ。  先生がおっしゃるには、 「尚白の批判に、『この句の近江は丹波にも、行く春は行く年にも置き換えられる。』と言っている。おまえは、これをどのように聞きましたか。」 私去来が申すには、「尚白の非難は、正しくありません。琵琶湖の水面がぼうっと霞んでいて、春を惜しむ心の生まれるのによりどころがあるでしょう。とくに先生が眼前の景色を見たうえでの今の実感をおよみになったものです。(絶対に一語も動かせません。)」と申した。 先生がおっしゃるには、「そうだよ。昔の歌人たちもこの近江の国で春の風光を愛したことは、都の人が都の春を愛するのと少しも劣らなかったのになあ。」と。 私が申すに、「今の先生の一言は深く心に感銘を与えました。先生が年末に近江にいらっしゃったなら、寒々とした風景に、どうしてこのような感興がお起こりになりましょうか、いや、起こりはしなかったでしょう。 春の終わりに丹波の山里にいらっしゃったなら、厳しい山の風土に、惜春ののびやかな感情はもちろん浮かばないでしょう。 (時と場所に合った)美しい風景が、人を感動させることは、(古来多いことですが、)本当なのですね。」と申した。 先生がおっしゃるには、「去来よ、おまえは、一緒に俳諧について話すに足る者だよ。」とおっしゃって、格別にお喜びになったのだった。 日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス