読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古典ガール-高校古典の品詞分解と現代語訳-

高校古典の品詞分解と現代語訳の最強決定版です。これで定期試験やノート作り対策もばっちり。LINEで友達に広げて、カフェでワイワイ勉強会。

竹取物語 かぐや姫の嘆き 現代語訳

かぐや姫の嘆き  八月十五日近くの月の夜に縁側に出て座って、かぐや姫はとてもひどくお泣きになる。 (前には人に隠れて泣いていたが、)今はもう人目もお構いにならずお泣きになる。 これを見て、親(である翁)たちも「どうしたのですか。」と尋ねて騒ぐ。 かぐや姫が泣く泣く言うには、「前々から申し上げようと思っておりましたが、(お耳に入れると)きっと心をお乱しなさることであろうよと思って、今まで(言わずに)過ごしていたのです。 (しかし)そんなに黙ってばかりいられようかと思って、打ち明けてしまうのですよ。 私の身はこの人間世界の人でもありません。月の都の人です。 それなのに、前世からの宿命があったことにより、この人間世界へは参上したのでした。 今は(月の都へ)帰らねばならないときになってしまったので、今月の十五日に、あの以前いた月の都から、迎えに人々が参上するでしょう。 やむを得ずおいとましなければなりませんので、(あなた方が)お嘆きになるということが悲しいことと、この春以来思い嘆いているのです。」と言って、ひどく泣くのを(見て)、 翁は、「これは、何ということをおっしゃるのか。竹の中から見つけてさしあげたけれど、けし粒ほどの大きさがおありだったあなたを、私の身の丈と同じ高さになるまでにご養育申し上げた私の子を、だれがお迎え申し上げようか、いや、お迎え申し上げまい。どうして許そうか、いや、許しはしない。」と言って、 「(そんなことになったら)私のほうこそ死んでしまいたい。」と嘆いて、泣き騒ぐさまは、全くこらえかねる様子である。 かぐや姫が言うには、「父母は月の都の人です。わずかの間ということで、あの月の都から(この人間世界へ)やって参りましたが、このようにこの国では多くの年を経てしまったのでしたよ。 あの月の世界の父母のことも覚えておらず、この人間世界では、このように長い間楽しく過ごさせていただいて、慣れ親しみ申し上げています。 (ですから月の都へ帰るのは)うれしいような気持ちもいたしません。 悲しいだけですわ。でも、自分の意志からではなく、おいとましようとしているのですよ。」と言って、翁たちと一緒にひどく泣く。 使用人たちも、長年の間慣れ親しんで、(ここで)お別れしてしまうようなことを、(かぐや姫が)気だてなどが上品で愛らしかったことを見慣れているので、 (別れてしまったらどんなに)恋しかろう(と思うとその)ことが堪えがたく、湯水も飲めないで、(翁夫婦と)同じ気持ちで嘆き悲しんだ。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス