読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古典ガール-高校古典の品詞分解と現代語訳-

高校古典の品詞分解と現代語訳の最強決定版です。これで定期試験やノート作り対策もばっちり。LINEで友達に広げて、カフェでワイワイ勉強会。

土佐日記 帰京 現代語訳

帰京

 京の町中に入って行くのでうれしい。

家に到着して、門に入ると、月が明るいので、とてもよく様子が見える。

うわさに聞いていたよりもまさって、話にならないほど壊れ傷んでいる。

家だけでなく預けておいた留守番の人の心も、すさんでいるのであったよ。

「隔ての垣根はあるけれども、一つ屋敷みたいなものだから、(頼みもしないのに先方が)望んで(この家を)預かったのだ。」「そうは言っても、ついでのあるたびに、贈り物も絶えずやってあるのだ。」「今夜(帰って来てみると)、こんなありさまだ。」と(人々は口々に言うが)、大声で言わせるようなことはさせない。

なんとも薄情だとは思われるけれども、お礼はしようと思う。

 さて、池みたいにくぼんで、水のたまっている所がある。

(その)まわりに松もあった。

(だのに今夜見ると)五年か六年の間に、千年も過ぎてしまったのだろうか、(松の)半分はなくなってしまっていたよ。(そこに)新しく生えたのが混じっている。

だいたいが、すっかり荒れてしまっているので、「ほんとにひどいね。」と人々が言う。

思い出さないことはなく、恋しく思われることの中でも、この家で生まれた女の子が、一緒に帰らないので、どんなに悲しいことか。

同じ船で一緒に帰京した人々もみな、子供がよってたかって騒ぐ。

こんな情景の中で、やはり悲しくてたまらないので、そっと気持ちの通じ合っている人とよみかわした歌、

生まれしも・・・(この家で)生まれた子も、(土佐で亡くなって)帰って来ないというのに、その私の家の庭に、(もとはなかった)小松が生えているのを見るのが、悲しいことだ。

とよんだ。それでもやはり言い足りないのだろうか、またこういう(歌もよんだ)、

見し人の・・・亡き女児が、松のように千年の齢を保っていたら、あの遠い土佐の国で、悲しい別れをしただろうか、いや、しなかっただろうに。

 忘れがたく、心残りなことは多いけれど、書き尽くすことはできない。

何はともあれ、(こんな書き物は)早く破ってしまおう。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス