読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古典ガール-高校古典の品詞分解と現代語訳-

高校古典の品詞分解と現代語訳の最強決定版です。これで定期試験やノート作り対策もばっちり。LINEで友達に広げて、カフェでワイワイ勉強会。

土佐日記 亡児 現代語訳

亡児

 

(十二月)二十七日。大津から浦戸をめざして漕ぎ出す。

こうした中でとくに、(赴任前に)都で生まれていた女の子が、土佐の国で急に亡くなってしまったので、このところの出発の準備のさまを見るが、何も言わず、都へ帰るというのに女の子がいないことばかりを、悲しく思い恋い慕っている。

そこにいる人々も(その様子を見ると気の毒で)堪えられない。それで、ある人が書いて差し出した歌は、

 

都へと・・・(懐かしい)都へ(帰れる)と思うのに、(うれしいはずが逆に)何か悲しいのは、(死んでしまって一緒に都へ)帰らない人があるからだったのだよ。

 

また、あるときには(このようによんだ)、

 

あるものと・・・(あの子は)まだ生きているものと、(死んだことを)忘れてしまっては、亡くなった人のことを「(あの子は)どこに(いるのだい)。」と、やはり人に尋ねてしまうのは、なんとも悲しいことだよ。

 

 (一月)十一日。明け方に船を出して、室津に向かう。

人々はみなまだ(船室で)寝ているので、海面のありさまも見えない。

ただ月を見て、西や東の方角を知った。

そうこうしているうちに、人々はみな、夜が明けて、手を洗い、(礼拝や食事など)毎朝決まって行うことごとをして、昼になった。ちょうど今、羽根という所にさしかかった。

小さい子供が、この土地の名前を聞いて、「羽根という所は、鳥の羽のような(形をしている)の。」と言う。まだ幼い子供の言葉なので、(それを聞いた)人々が笑うときに、あのいつかの女の子が、この歌をよんだ。

 

まことにて・・・もしそれが本当であって、(羽根という)名と聞くこの土地が鳥の羽であるなら、(その羽で鳥が)飛ぶように(速く)都へ帰りたいものだわ。

 

と言った。(船中の人々は)男も女も、「何とかして早く都へ帰りたいなあ。」と思う気持ちがあるので、この歌が、とくにうまいというわけではないけれども、なるほどと思って、人々は(この歌を)忘れない。

この羽根という所を尋ねた子供(を見る)につけても、また亡くなった女の子のことを思い出して、(いったい)いつの日に忘れることがあろうか、いや、忘れるはずはないのだ。

今日はいつにもまして、母親が悲しがられることといったら(格別である)。

(都から土佐へ)下ったときの人々の数が(今は)足りないので、古歌に「数は足らでぞ帰るべらなる」(数はきっと足りないで帰っていくようだ)という言葉を思い出して、ある人がよんだ歌は、

 

世の中に・・・いったいこの世の中で、いろいろ思いやってみても、子供を恋しく思う(親の)思いにまさる思いはないよなあ。

 

と言いながら(船旅を続けるのであった)。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス