読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古典ガール-高校古典の品詞分解と現代語訳-

高校古典の品詞分解と現代語訳の最強決定版です。これで定期試験やノート作り対策もばっちり。LINEで友達に広げて、カフェでワイワイ勉強会。

土佐日記 門出 現代語訳

現代語訳
門出  男性も書くと聞いている日記というものを、女性である私も書いてみようと思って、書くのである。  某年(実は承平四年だが)の十二月の二十一日の午後八時ごろに、門出をする。その模様を、簡略にものに書きつける。  ある人が、地方官の四、五年の任期が終わって、国司交替の事務引き継ぎなどもすっかりすんで、解由状などを受け取って、住んでいた国司の官舎から出て、船に乗る予定の地へ移る。あの人この人、知っている人知らない人、みなが見送りをする。ここ数年とても親しくつきあってきた人たちは、別れがたく思って、一日中、何やかやとしては、大騒ぎするうちに、夜が更けた。  二十二日に、和泉の国までは(せめて)、無事であるようにと神仏に祈願する。藤原のときざねが、船路の旅であるのに、「うまのはなむけ(送別の宴)」を開く。身分の上中下の者みなが、十分酔っぱらって、本当に変なことだが、塩辛い海のほとりで、ふざけ合った(ふざけるのは「あざる」、「あざる」は魚肉の腐る意味だが、塩があるのに変なことだね)。  二十三日。八木のやすのりという人がいる。この人は、国司の役所で必ずしも命じたり召し使ったりする人でもないそうである。この男が、いかめしく立派な様子で、餞別をしてくれた。国司の人柄(がよいため)であろうか、田舎の人の人情の常として、「今となっては(用もない)。」と言って顔を出さないそうだが、真心のある人は、人目を気にせずにやって来た。これは、餞別の贈り物(をもらったこと)によってほめているわけではない。  二十四日。国分寺の僧侶が、餞別をしにお出ましになった。身分の高い者も低い者もすべて、子供までがすっかり酔っ払って、「一」という文字をさえ知らない者が、その足は「十」文字に千鳥足を踏んで遊び興じている。 日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス