読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古典ガール-高校古典の品詞分解と現代語訳-

高校古典の品詞分解と現代語訳の最強決定版です。これで定期試験やノート作り対策もばっちり。LINEで友達に広げて、カフェでワイワイ勉強会。

九月二十日のころ 現代語訳

現代語訳

九月二十日のころ  九月二十日のころ、(私は)ある人にお誘いいただいて、夜が明けるまで月見をしてまわることがございましたが、 (そのとき、その方が途中で)お思い出しになった所があって、(従者に)取り次ぎを請わせて(その家へ)お入りになった。 (草木の茂るにまかせた)荒れている庭で夜露が一面に降りている所に、(来客のために)わざわざ準備したとは思えない香の香りが、しっとりと香って、ひっそりと暮らしている様子は、何ともいえずしみじみと趣深い。 ほどよい時間で(その方は)家を出て来られたが、(私には)なおも住む人の様子が優雅に思われたので、物陰からしばらく見ていたところ、 (その家の女あるじは、客を送り出した)妻戸をもう少し押し開けて、月を見る様子である。 もし(客を送り出して)すぐさま(妻戸の)掛け金を掛けて(部屋に)引きこもったなら、残念だったろうに。 (客が去った)あとまで(自分のことを)見る人がいるとは、どうして知ろうか、いや、知るはずはない。 このような振る舞いは、ただ平素の心がけによるものだろう。 その人は、まもなく亡くなったと聞きましたよ。                  (第三十二段) 日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス