読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古典ガール-高校古典の品詞分解と現代語訳-

高校古典の品詞分解と現代語訳の最強決定版です。これで定期試験やノート作り対策もばっちり。LINEで友達に広げて、カフェでワイワイ勉強会。

まず隗より始めよ 現代語訳

漢文・漢詩 現代語訳

まず隗から始めよ

 

 燕の人々は太子の平を立てて君主とした。これを昭王といった。

(昭王は)戦死者を弔い、生存者を見舞い、(人心の掌握に努め、)へりくだった言葉遣いをし、多くの礼物を用意して、賢者をしょうへい招聘しようとした。

(しかしその効果なく賢者が集まらなかったので)昭王は郭隗に問うて、「斉はわが国の混乱につけこんで、燕を攻め破った。

私は燕が小国で、(今の力では)報復できないことをよく承知している。

(そこで)ぜひとも賢者を味方に得て、その人物と共に政治を謀り、(国を富ませ、兵を強くして)先代の王の恥をすすぐことが、私の願いである。

先生(郭隗)、それにふさわしい人物を推薦していただきたい。

私自身その人物を師としてお仕えしたい。」と言った。

 

 (郭)隗は、

「昔、ある国の君主で、涓人に千金を持たせて、一日に千里もの距離を走る名馬を買いに行かせた者がおりました。

(ところがその涓人は)死んだ馬の骨を五百金で買って帰って来ました。

君主は怒りました。

涓人は言いました、『死んだ馬の骨でさえ買ったのです。まして生きている馬だったらなおさら高く買うに違いない(と世間の人々は思う)でしょう。千里の馬は、すぐにやって来ます。』と。

一年もたたないうちに、千里の馬が三頭もやって来ました。

 

今、王が、ぜひとも賢者を招き寄せたいとお考えならば、まず、この隗からお始めください。

まして私より賢い人は、どうして千里の道を遠いと思いましょうか。いや、千里の道も遠しとせずにやって来るでしょう。」と答えた。

そこで昭王は、(郭)隗のために新たに邸宅を造って郭隗に師事した。

そこで(このことを聞いた)賢者たちは先を争って燕に駆けつけた。

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス