読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古典ガール-高校古典の品詞分解と現代語訳-

高校古典の品詞分解と現代語訳の最強決定版です。これで定期試験やノート作り対策もばっちり。LINEで友達に広げて、カフェでワイワイ勉強会。

春望 現代語訳

春のながめ 国都長安は破壊されてしまったが、山河は以前と変わらずに存在している。 町には春が来て、草木は昨春までと同じように深々と生い茂っている。 このような時勢に心を痛め、咲く花を見ても涙がこぼれ、 家族との別れを悲しみ、鳥のさえずりにも私の心はびくっとする。 戦いののろし火は、三月になっても続いており、 家族からの手紙は(いっこうに届かず、もし届いたならば)巨万の富に相当するほど貴重だ。 たまらなくなって白髪あたまをかけば、かくほどに抜け落ちて薄くなり、 もはや全く冠をとめる簪も挿せなくなりそうである。 日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス