読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古典ガール-高校古典の品詞分解と現代語訳-

高校古典の品詞分解と現代語訳の最強決定版です。これで定期試験やノート作り対策もばっちり。LINEで友達に広げて、カフェでワイワイ勉強会。

韓非子 官を侵すの害 現代語訳

 昔、韓の昭侯が、酒に酔って寝てしまった。 典冠が王様の寒そうな様子を見て、そこで着物を王様の体にかけた。( 昭侯は)目が覚めてたいへん喜び、側近の者に問うて言うには、「いったい誰が着物をかけてくれたのか。」と。側近の者が答えて言った、「典冠でございます。」と。 昭侯はそこで典衣と典冠と二人とも処罰した。  昭侯が典衣を処罰したのは、自分の職を怠ったと考えたからであり、典冠を処罰したのは、自分の職以上に出しゃばったと考えたからである。 (昭侯は)寒さを嫌がらないわけではない。しかし、「自分の職分を越えて他に手を出すことによる弊害は、寒さからくる弊害よりも大きい」と考えたのである。 こういうわけで名君が臣下を使うやり方は、臣下は自分の職分を越えて功績を上げることはできないし、意見を述べたらそのとおりに実行されなくてはならない。 もし自分の職分を越えた場合には殺されるし、言行が一致しない場合には処罰される。 日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス