読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古典ガール-高校古典の品詞分解と現代語訳-

高校古典の品詞分解と現代語訳の最強決定版です。これで定期試験やノート作り対策もばっちり。LINEで友達に広げて、カフェでワイワイ勉強会。

項羽と劉邦 項王の最期 現代語訳

項王の最期

 

 そこで項王は東方へ行き烏江を渡ろうとした。

(烏江の岸に着くと)烏江の宿場の長が、船を出す用意をして待っていた。

項王に向かって言うには、

「江東の地は狭いとはいえ、千里四方もあり、人は数十万人もいて、また王となるのに十分なところです。

どうか大王さま、急いでお渡りください。今、私だけが船を持っているのです。

漢軍がやって来ても、渡る船はありません。」と。

項王は(それを聞いて)笑って言った、

「天が私を滅ぼそうとしているのに、私はどうして渡ったりするだろうか。

それに、この籍は(前に)江東の若者八千人と、江を渡って西に向かったのだ。

(ところが)今や一人の帰還者もない。

たとえ江東の父兄が同情して私を王としてくれたとしても、私はいったいどのつら面さげて彼らに会うことができようか。

たとえ彼らが何も言わなくても、どうして籍は心に恥じないだろうか、いや、恥じずにはいられない。」と。

そこで宿場の長に向かって言うには、

「私はあなたが徳の高い人であることがわかる。

私はこの馬に五年乗っていて、向かうところ敵はなかった。

かつて一日に千里を走ったこともある。この馬を殺すことは我慢がならない。これをあなたに贈ろう。」と。

 

 そこで(項王は)騎馬兵に命じて馬から下りて歩かせ、刀剣を持って接近戦をした。

項王だけで殺した漢の兵は数百人にものぼった。

しかし項王の身も十余か所の傷を受けていた。

ふと振り返ると漢の騎司馬の呂馬童が目に入った。

項王は、「おまえは私の昔なじみではないか。」と言った。

馬童は顔を背けて、王翳にさし示して、「これが項王だ。」と言った。

項王はそこで、「私は、漢では私の首をとった者には千金と一万戸の町が与えられると聞いている。

私はおまえのために恩恵を施してやろう。」と言った。

かくして自分で首を切って死んだ。

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス