読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古典ガール-高校古典の品詞分解と現代語訳-

高校古典の品詞分解と現代語訳の最強決定版です。これで定期試験やノート作り対策もばっちり。LINEで友達に広げて、カフェでワイワイ勉強会。

項羽と劉邦 四面楚歌・時運は不利である 現代語訳

漢文・漢詩 現代語訳

時運は不利である

 

 項王の軍は垓下の城の中に立てこもった。

軍勢は少なく、食糧はなくなった。

漢軍及び諸侯の兵は、幾重にもこれを包囲した。

夜、漢軍が四方で楚の地方の歌を歌っているのを聞き、項王がそこで大いに驚いて言った、

「漢は皆、もう楚の地を手に入れたのであろうか。これは何と(漢軍の中に)楚の人の多いことよ。」と。

 項王はそこで夜中に起きて、(本営の)とばりの中で(決別の)酒宴を開いた。

(陣中には)美人がいて、名は虞といった。常に(項王に)寵愛されてお供をしていた。

(また)名馬がおり、名は騅といった。(項王は)常にそれに乗っていた。

そこで項王は、悲しみ歌い、憤り嘆いて、自分で詩を作って歌った、

 

「我が力量は山を抜くほどであり、我が気力は世を覆うに足るほどであるが、

 時運は我に不利であり、愛馬の騅は進もうとしない。

 騅の進もうとしないのを、どうしたらよいだろうか。

 虞よ虞よ、おまえをどうしたらよいだろうか。」と。

 

歌うこと数回、美人は項王の詩にこたえる詩を作って歌った。

項王は涙を幾すじとなく流した。

左右の臣下(側近たち)も皆泣き、一人として項王を仰ぎ見ることのできる者はいなかった。

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス