読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古典ガール-高校古典の品詞分解と現代語訳-

高校古典の品詞分解と現代語訳の最強決定版です。これで定期試験やノート作り対策もばっちり。LINEで友達に広げて、カフェでワイワイ勉強会。

項羽と劉邦 沛公、虎口を脱す 現代語訳

沛公、虎口を脱す

 

 沛公は(会談の場を)出てしまった。

(沛公が帰ってこないので)項王は都尉の陳平に沛公を呼びに行かせた。

沛公は(樊匍に)言った、「いま、出てくるときに、別れのあいさつをしてこなかった。どうすればよかろう。」と。

樊匍が言った、「大事を行うときには、ささいな慎みなど問題にしませんし、重大な礼を行うときには、小さな譲り合いなどは問題にしません。ちょうどいま、項王はまさしく包丁とまな板であり、私どもは魚や肉のようなものです。

(このようなときに)どうして別れのあいさつをすることがあるでしょうか、いや、その必要は全くありません。」と。そこで、そのまま去ったのである。

 

 そこで張良に、その場にとどまっておわびをさせることにした。

張良が沛公に尋ねて言った、「大王は、こちらへ来られるときに、何を(土産として)お持ちになりましたか。」と。

(沛公が答えて)言うには、「私は一対の白璧を持ってきて、項王に差し上げようとし、一対の玉斗を亜父に与えようとしたのだが、あちらが怒っているので、どうしても差し出すことができなかった。

貴公、私に代わってこれを差し上げてくれ。」と。

張良は言った、「謹んで承知いたしました。」と。

 このとき、項王の軍は鴻門のもとにあり、沛公の軍は覇上にあって、その間の距離は四十里であった。

沛公はそこで(乗ってきた)車と(従えてきた)騎兵をそこに残し、

身一つで抜け出して、自分だけは馬に乗り、

樊匍・夏侯嬰・盂彊・紀信ら四人の、剣と盾とを持ってかちで走る者といっしょに、

驪山のふもとから、吮陽に通ずる道を通って、こっそりと近道を通って帰った。

(別れ際に)沛公は張良に言った、「この道を通ってわが軍に至るまでは、たった二十里しかない。

我々が軍に到着するころを見計らって、貴公は(項王の)陣営に入れ。」と。

 

 沛公はすでに去って、こっそり近道して自軍の陣営に到着した。

張良は中に入って謝って言うには、「沛公は酔ってこれ以上は酒を飲むことができず、ごあいさつもできません。

謹んで私め良に命じて、一対の白璧を捧げ、再拝して大王の足下に献上し、一対の玉斗を、再拝して大将軍の足下に差し上げよ、とのことでございます。」と。

項王が、「沛公は、どこにいるのか。」と尋ねた。

張良は、「大王が沛公の過ちをおとがめになるおつもりと聞いて、抜け出して独りで帰りました。

すでに自軍に着いているころでしょう。」と言った。

項王はそこで白璧を受け取り、それを座席のかたわらに置いた。

亜父は玉斗を受けると、それを地上に置き、剣を抜いて突きこわして言うには、「ああ、こぞうめ、いっしょに策をめぐらすには不足じゃわ。

項王の天下を奪う者は、必ず沛公であろう。わしらの身内は、今に沛公の捕虜にされるだろう。」と。

 

沛公は自軍に到着すると、すぐさま曹無傷を誅殺した。

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス