読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古典ガール-高校古典の品詞分解と現代語訳-

高校古典の品詞分解と現代語訳の最強決定版です。これで定期試験やノート作り対策もばっちり。LINEで友達に広げて、カフェでワイワイ勉強会。

項羽と劉邦 樊匍、頭髪 上指す 現代語訳

漢文・漢詩 現代語訳

樊匍、頭髪 上指す

 

 そこで張良は陣営の門まで行き、(そこに待っていた)樊匍に会った。

張良の言を待たずに)樊匍が、「今日の会談の様子はどうですか。」と尋ねた。

張良は、「緊急事態だ。今、項荘が剣を抜いて舞っている。項荘の意は常に沛公を殺すことにある。」と言った。

樊匍は、「それは大変だ。私は(会談の場に)入って、わが君と生死をともにしたい。」と言った。

樊匍はすぐに剣を腰につけ盾をかかえて陣営の門に押し入った。

ほこ戟を左右から十文字に交えている番兵は、それをとどめて中に入れまいとした。

樊匍は、持っていた盾を斜めに立てて構えて、それで番兵をついて地に倒した。

 

 樊匍はそのまま中に入り、とばりを巻き上げて西に向かって立ち、目をカッとむいて項王をにらみつけた。

髪の毛は逆立ち、まなじりはことごとく裂けていた。

項王は刀のつかに手をかけ、ひざをついて身構えて言った、「おまえは何者だ。」と。

張良が、「沛公の参乗の樊匍という者です。」と答えた。

項王は、「壮士だ。この男に大杯の酒をくれてやれ。」と言った。

そこで(従者が)一斗入りの大杯を与えた。

樊匍は拝謝して立ち上がり、立ったままそれを飲みほした。

項王が、「この男に豚の肩肉をくれてやれ。」と言った。

そこで(従者が)一きれのなま生の豚の肩肉を与えた

。樊匍は自分の盾を地に伏せて置き、その上に豚の肩肉を置いて、剣を抜き、切ってそれを食べた。

 項王が、「壮士だ。まだ酒を飲めるか。」と尋ねると、

樊匍は答えた、「私は死ぬことさえも避けませぬ。大杯の酒など、どうして断るに足るでしょうか、いや、断るに足りません。

そもそも秦の始皇帝は、虎や狼のような残忍な心を持っていた。

人を殺すのは、あまり多くて数えきれないほどであり、人を刑するのは、あまり多くて、し残しがないかと心配するほどであった。

(そのために)天下の人々は皆、始皇帝に背いた。

懐王は諸将と約束して、『真っ先に秦を破って咸陽に入った者は、その地の王にする。』と言われた。

いま沛公は、真っ先に秦を破って咸陽に入った。

そしてほんのわずかなものも自分のものにしようとはしなかった。

秦の宮室には封印をして、引き返して覇上に陣をしき、大王の来られるのを待った。

わざわざ将を派遣して函谷関を守らせたのは、他からの盗賊の出入りと、非常事態とに備えたからです。

苦労してこのように大きな手柄を立てたのに、まだ諸侯に封ずるとの賞はない。

それどころか、つまらぬ者の言うことを信じて、有功の人を殺そうとされる。

これでは滅亡した秦と同じことです。はばかりながら、私は、大王のなさり方には賛成しかねます。」と。

項王は返答できなかった。(ただ)「座れ。」と言った。

樊匍は張良のそばに座った。

座ってしばらくして、沛公は立ち上がって便所に行き、そのついでに樊匍を呼んで出ていった。

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス