読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古典ガール-高校古典の品詞分解と現代語訳-

高校古典の品詞分解と現代語訳の最強決定版です。これで定期試験やノート作り対策もばっちり。LINEで友達に広げて、カフェでワイワイ勉強会。

項羽と劉邦 剣の舞 現代語訳

剣の舞

 

 沛公は明朝早く百騎ばかりの兵を連れて、項王にお目にかかろうとやって来た。

 

鴻門に到着し、わびて言うには、「私は将軍と力を合わせて秦を攻めてきました。

将軍は河北の地で戦い、私は河南の地で戦いました。

しかしながら、私のほうが将軍より先に関に入って秦を破ることができ、また将軍とここでお会いできようとは、私自身、思いもよらぬことでした。

ところで今、取るに足らぬ者の告げ口があり、将軍に、私との間を仲たがいさせようとしております。」と。

項王が言うには、「それは、あなたの左司馬の曹無傷が言ったのだ。

そうでなければ、私がどうしてこういうことになろうか、いや、ならなかったはずだ。」と。

 

 項王は、その日すぐに、疑いが解けたことで沛公をとどめていっしょに酒宴を開いた。

項王と項伯とは東向きに座り、

亜父は南向きに座った。亜父とは范増のことである。

沛公は北向きに座り、張良は西向きにひかえた。

范増はしばしば項王に目くばせし、腰におびている玉彗を挙げて、何度も項王に示し(決断を促し)た。

しかし項王は黙然として反応を示さなかった。

 そこで范増は立ち上がり、その場を出て項荘を召し出し、

告げて言うには、「わが君は、情け深く同情心の強いお人柄だ。

おまえは中に入り、進み出て長寿のお祝いをせよ。

それが終わったならば、お願いして剣を持って舞い、折を見て沛公をその場でうち殺せ。

そうしなければ、おまえの身内の者は皆、沛公の捕虜にされてしまうだろう。」と。

そこで項荘は中に入って長寿のお祝いをした。

それが終わって言った、「わが君は沛公と宴を開いておられますが、軍中には何の音楽もございません。

お許しを得て、私が剣舞をいたしましょう。」と。

項王は、「よろしい。」と承知した。

項荘は剣を抜いて立ち上がって舞い始めた。

項伯もまた剣を抜いて立ち上がって舞い始め、常に身をもって沛公をかばった。

項荘は沛公をうつことができなかった。

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス