読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古典ガール-高校古典の品詞分解と現代語訳-

高校古典の品詞分解と現代語訳の最強決定版です。これで定期試験やノート作り対策もばっちり。LINEで友達に広げて、カフェでワイワイ勉強会。

項羽と劉邦 項羽、大いに怒る 現代語訳

項羽、大いに怒る

 

 楚軍は道すがら秦の地を攻め下して、函谷関に到着した。

ところが軍兵が関所を守っていて、(関中の地に)入ることができなかった。

さらにまた、沛公がすでに咸陽を攻め破ったと聞いて、項羽は大いに怒り、当陽君らに関所を攻撃させた。

項羽はかくして(関中の地に)入って、戯西に到着した。

 沛公は覇上に陣をはり、まだ項羽と面会する機会が得られなかった。

沛公の左司馬の曹無傷が、人を遣わして項羽に次のように言わせた、「沛公は関中の地で王となろうとして、(降伏した秦の皇帝)子嬰を(自分の家来にして)大臣とし、

(秦の所有していた)珍宝はすべて自分のものとした。」と。

項羽は(それを聞いて)大いに怒って言った、

「明朝、兵士たちにごちそうをふるまうように。(士気を盛んにして)沛公の軍を撃破するのだ。」と。

 

 このとき、項羽の兵は四十万で、新豊の鴻門に陣していた。

沛公の兵は十万で、覇上に陣していた。范増が項羽に説いて言うには、

「沛公は山東にいたときは、財物を欲張り、美女を好みました。(しかし)今、関中に入ってからは、財物は自分のものとしないし、婦女も寵愛しません。

これは、その志が小さいところにない(天下統一の大きな志がある)ことを示しています。

私が(天文気象を見る専門家の)人に彼の上に立ちのぼる気を見させたところ、

それは皆、竜や虎の形をし、五色のあやをなしているとのことです。これは天子となる者の気です。

(このままにしておくと彼は天下を統一して天子となるでしょう。)急ぎ攻撃し、決して取り逃がしてはなりませぬ。」と。

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス