読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古典ガール-高校古典の品詞分解と現代語訳-

高校古典の品詞分解と現代語訳の最強決定版です。これで定期試験やノート作り対策もばっちり。LINEで友達に広げて、カフェでワイワイ勉強会。

堤中納言物語 このついで 現代語訳

堤中納言物語 このついで  春特有のものと言って(中宮が)長雨をぼんやりと眺めていらっしゃる昼のころ、台盤所にいる女房たちが、「宰相中将が参上なさったようだわ。いつもの(衣にたきしめた薫き物の)お香りがたいそうはっきりと(薫ってきます)。」などと言ううちに、(宰相中将が中宮の御帳の前に)ひざまずきなさって、「昨夜から父の邸におりましたので、(そこから)そのまま(父上の)お使いとして(参上しました)。『東の対(たいの)屋(や)の(庭の)紅梅の下に(中宮様が)お埋めになった薫き物を、今日の退屈な折にお試しなさいませ。』と(父上が)申しなさって(お預かりして参りました)。」とおっしゃって、何とも言えずすばらしい(紅梅の)枝に、銀製の壺を二つつけていらっしゃる(のを差し出した)。  (女房の)中納言の君が、(受け取って、それを中宮のいる)御帳の中に差し上げなさって、(中宮がお持ちの)火取香炉をいくつも用いて、若い女房たちにすぐに(この薫き物を)試させなさって、(中宮は御帳から)少し外をおのぞきになって、御帳の傍らの御座所に横におなりになって(おくつろぎになって)いる。(中宮は)紅梅の織物のお召し物に、重なり合っている豊かな御髪の裾だけが(御帳の端から)見えていて、女房たちの幾人かが、とりとめもない話を、ひそひそとして、しばらくお控えなさっている。  (女房の)中将の君が、「この中宮様の火取香炉のついでに、しみじみと感動してある人が語った話が、自然と思い出されます。」とおっしゃると、年長らしい(女房の)宰相の君が、「どのような話なのでしょうか。(中宮様が)退屈に思っていらっしゃいますので、お話し申し上げなさい。」と促すので、「それでは、(私に)続けてお話しなさいますか。」と言って、(話し始めた。)  「ある姫君に、ひそかに通う男がいたのだろうか、とてもかわいらしい子供まで生まれたので、(男は姫君を)いとおしくはお思い申し上げるけれども、うるさい本妻がいたのだろうか、(訪れも)絶え間がちであるうちに、(それでも子供は父のことを)忘れず覚えていて、とても慕うのがいじらしく、時折は(男の)住む所に連れて行きなどするのにも、(女は)『今すぐに(子供を返してください)。』などとも言わないでいたのだが、しばらく間を置いて(男が女のもとに)立ち寄ったところ、とても寂しそうで、(男は子供の様子を)珍しく思ったのだろうか、頭をかきなでかきなで見ていたけれども、とどまっていられない用事があって(女の家を)出(ようとす)ると、(子供は男の自邸について行くことに)慣れてしまっていたので、いつものようにたいそう(男を)慕うのがしみじみとかわいく思われて、しばらく立ち止まって、「それなら、さあいらっしゃいよ。」と言って、(子供を)抱き取って出て行ったのを、(女は)とてもつらそうに見送って、前にある火取香炉を手でもてあそんで、   こだにかく……(火取の「籠(こ)」ではありませんが、)子さえもこのようにあなたを慕って出て行ってしまったなら、薫き物の火取のように、私は一人でいっそう思い焦がれるのでしょうか。 とひっそりと口ずさむのを、(男は)壯風の後ろで聞いて、このうえもなく心打たれていとおしく感じたので、子供も返して、(自分も)自然とそのままとどまってしまった。」と(言う)。  (中将の君は)「『(その男は姫君を)どんなにいとおしく思っているだろう。』とか、『(男の愛情のほどは)並ひととおりではあるまい。』と言っ(て、誰の話なのかを聞き出そうとし)たのだが、(私に話をしてくれた人は)誰のこととも言わないで、ひどく笑い紛らわして話は終わってしまった。」  (中将の君が)「さあ、今度は中納言の君の番よ。」とおっしゃると、「つまらない話の糸口を申し上げてしまったものね。そうねえ、最近のことをお話し申し上げましょうね。」と言って、(話し始めた。)  「去年の秋のころに、清水寺に参籠しておりましたところ、(私の局の)そばに、壯風だけを申し訳程度に立てて(仕切って)ある部屋が、薫き物の香りがたいそう優雅で、(同行の)人も少ない感じがして、ときどき忍び泣く様子などしながら仏前のお勤めをしているので、誰だろうと思って聞いておりましたが、(私が)明日(参籠を終えて寺を)出ようという日の夕暮れ方、風がひどく荒々しく吹いて、木の葉がはらはらと、音羽の滝のほうへ乱れ散り、色も濃くなった紅葉などが、部屋の前には隙間なく散り敷いているのを、隣の部屋との仕切りの壯風のそばに寄って、私のほうでもぼんやりともの思いに沈んで眺めておりましたところ、(隣の局の女性が)たいそうひそやかに、   『いとふ身は……世をいとうわが身は何事もなく生き長らえているのに、つらいことなどあるまいに、強い風に吹かれて散っている木の葉だよ。 風の前の(木の葉がうらやましい)。』と、(はっきりと)聞こえるはずの大きさでもなく聞きつけましたとき(の私の心気持ち)は、本当にたいそうしみじみと心を打たれたのですが、そうは言うもののすぐには歌の返しもしづらく、遠慮してそのままで終わりました。」と言うと、  (聞いていた女房は)「とてもそのまま返歌もせずにお過ごしにならなかったろうと思われます。」「それにしても、(あなたが返歌をしなかったというのが)本当なら、残念なご遠慮深さだよ。」(などと言う。)  (中納言の君は)「さあ、少将の君(の番よ。)」とおっしゃるので、(少将の君が)「きちんと筋道立てて、話など申し上げたこともないのに。」と言いながら、(話し始めた。)  「おばである人が、東山のあたりに、仏道のお勤めをしておりましたときに、しばらくの間(私も)後を追って籠っておりましたところ、主人の尼君の所に、さほど身分の低くない人々の大勢いる気配がしておりましたが、隠して人目につかないようにしているのだろうかと見えましたのも(興味をそそり)、(障子を)隔てて感じられる様子がとても気品があり、普通の身分の人とは思われませんでしたので、(どんな方か)知りたくて、形ばかりの(隔ての)明かり障子の紙の穴をこしらえて、のぞきましたところ、蘗に几帳を添えて(置き)、高潔そうな法師を二、三人ほど座らせて、とても美しい感じの(女の)人が、几帳のそばに添うように横になって、この座っている法師を近くに呼んで何か言っている。何事だろうと、声を聞いて判別できる近さでもないけれど、尼になろうと相談している様子ではなかろうかと見えて、法師はためらう様子なのだが、それでもやはり(その女が)しきりに言うようで、(法師は)それでは(しかたがない)ということで、几帳の合わせ目の隙間から、廱の箱の蓋に、身の丈に三十センチほど余っているだろうかと思われる髪で、毛筋や毛先の様子が、たいそう美しい髪を、(女が)曲げ入れて押し出す。そばに、(几帳の内の女より)もう少し若い感じの人で、十四、五歳ほどだろうかと見える(人で)、髪は、背丈に十二センチから十五センチくらい余って見える(人で)、薄紫色のきめこまやかな衣一襲に、柔らかく練った絹の衣などを引き重ねて(着ている人が)、顔に袖をおしあてて、ひどく泣いているのは、妹なのだろうとおのずから推察されました。またほかに、若い女房たちが、二、三人ほど、薄紫色の裳をまとって座っているのも、ひどく涙を止めかねる様子である。(出家する女の)乳母のような人はいないのだろうかと、しみじみと気の毒に思われまして、扇の端に、とても小さく、   おぼつかな……どのようなご事情なのかわかりませんし、ご出家なさるのはどなたということさえ存じませんが、私の袖も涙に濡れることですよ。 と書いて、そばに控えている女童を使いとして行かせましたところ、この妹であろうと思われる人が(私への返しを)書いたようだ。そうして(女童に)渡したので、(女童は私のもとに)持って来た。書きぶりは由緒ありげで、趣があったのを見たのにつけても、(自分の歌の拙さや書きぶりのまずさが)後悔されまして。」 などと言っているうちに、帝が(中宮のお部屋に)お渡りになるご様子なので、(慌ただしくする女房たちに)紛れて、少将の君も隠れてしまったと(いうことである)。

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス