読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古典ガール-高校古典の品詞分解と現代語訳-

高校古典の品詞分解と現代語訳の最強決定版です。これで定期試験やノート作り対策もばっちり。LINEで友達に広げて、カフェでワイワイ勉強会。

大鏡 雲林院の菩提講 現代語訳

現代語訳
大鏡    雲林院の菩提講  先ごろ、(私が)雲林院の菩提講に参詣しましたところ、通常の老人に比べて格別に年をとり、異様な感じのするろうおう老翁二人と、老女一人とが偶然に出会って、同じ場所に座り合わせたようです。しみじみと、同じような様子をした老人たちの姿だなあと見ておりますと、老人たちがにっこり笑って、顔を見合わせて言うことには、  (世継)「年来、昔の知人にお目にかかって、何とかして今まで見たり聞いたりした世間のことも、お話しし合おう、また、この現在の入道殿下〔藤原道長〕のご様子をも、お話しし合おうと思っておりましたが、本当にうれしくもお会い申し上げたことですねえ。今こそ安心してめい冥ど途にも行けるというものです。心のうちに思っていることを言わないでいるのは、なるほど腹の張っている(いやな)気持ちがするものですなあ。こんなわけだからこそ、昔の人は何かものを言いたくなると、穴を掘ってはその中に思うことを言って埋め(、それで気を晴らし)たのであろうと思われます。返す返すうれしくもお会い申し上げたことですねえ。それにしても、あなたはおいくつにおなりでしたか。」 と尋ねると、もう一人の老人が、  (繁樹)「いくつということは、いっこうに覚えておりません。しかし、私は、亡くなった太政大臣貞信公〔藤原忠平〕が、蔵人少将と申されたころの小舎人童の、大犬丸ですよ。あなたは、その宇多天皇の御代の皇太后宮の御方の召し使いで、名高い大宅世継といったお方ですなあ。ですから、あなたのお年は、私よりずっと上でいらっしゃるでしょうよ。私が子供であったとき、あなたはもう二十五、六歳ほどの男でいらっしゃいました。」 と答える様子です。すると世継は、  「そうそう、そういうことでした。それにしても、あなたのお名前は何とおっしゃったかな。」 と問う様子です。すると、  (繁樹)「私が太政大臣殿のおやしき邸で元服いたしたときに、『おまえの姓は何というか。』と(貞信公が)おっしゃいましたので、『夏山と申します。』と申し上げたところ、そのまますぐに(縁語仕立てで)繁樹と名前をおつけになってしまいました。」 などと言うので、(そのあまりの昔々の話に私は)すっかり驚きあきれてしまった。(その場にいた)かなりの身分・教養のある人たちは誰も、(この老人たちのほうに)視線を向け、膝を進めたりし(て興味を示す様子であっ)た。  (世継)「真剣に世継が申し上げようと思うことは、ほかでもありません。ただ今の入道殿下〔道長〕の御ありさまが、非常にすぐれていらっしゃることを、(ここにお集まりの)出家・在俗、男女それぞれの方々の御前で申し上げようと思うのですが、(何しろ)とてもお話しすべきことが多くなって、大勢の天皇・皇后、また、大臣・公偕の御身の上をも続けて話さねばならないのです。その中でも、幸運な方でいらっしゃる、この(入道殿下の)御ありさまを申し上げようと思っていますうちに、(おのずと)世の中のことがすっかり明らかになるはずです。」 (序) 日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス