読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古典ガール-高校古典の品詞分解と現代語訳-

高校古典の品詞分解と現代語訳の最強決定版です。これで定期試験やノート作り対策もばっちり。LINEで友達に広げて、カフェでワイワイ勉強会。

春望

 春 望                  杜 甫

 国 破れて 山河在り

 城 春にして 草木 深し

 時に感じては 花にも涙を濺ぎ

 別れを恨みては 鳥にも心を驚かす

 烽火 三月に連なり

 家書 万金に抵たる

 白頭 掻けば更に短く

 渾て 簪に勝へざらんと欲す                  (唐詩三百首)

【現代語訳】

春のながめ

国都の長安は破壊しつくされたが、山河のみは依然としてもとのすがたをとどめ、

まちなかは時あたかも春を迎えて、草や木が青々と茂っている。

(戦乱の)この時世をいたみ悲しむと、美しい花を見ても涙をそそぎ、

(家族との)離別をうらみに思っては、小鳥の鳴き声を聞いてさえ、はっとさせられる。

のろし火は、もうすでに三か月間にもわたってあげ続けられ、

(家からの便りも届かず)家族からの便りは、さながら万金に相当する。

白髪頭をかけば、白髪はいよいよ短くなり、

もはやまったく冠をとめるピンも支えられなくなろうとしている。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

広告を非表示にする