読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古典ガール-高校古典の品詞分解と現代語訳-

高校古典の品詞分解と現代語訳の最強決定版です。これで定期試験やノート作り対策もばっちり。LINEで友達に広げて、カフェでワイワイ勉強会。

奥の細道 平泉 現代語訳

現代語訳

奥の細道  平泉   藤原氏三代の栄華も一瞬の間の夢のように消えて、(かつての平泉館の)大門の跡は一里も手前にある。秀衡の居館跡は田野になって、金鶏山だけが(昔のままの)姿を残している。まず高館に登ると、(眼下の)北上川は南部領から流れ来る大河である。衣川は和泉が城を囲むように流れて、高館の下で北上の大河に合流する。泰衡らの旧跡は、衣が関を隔てたむこうにあって、南部領との出入口を固め、蝦夷(の侵入)を防いだと見える。それにしても、義経が忠義の家臣を選りすぐってこの高館にこもり(奮戦したのだが、その)功名もただ一時の夢と消えて(館跡も今はむなしく)草原となった。「国は廃亡に帰したが、山河は(昔に変わらず)存在している。城は(荒れ果てても)春を迎えて、草は(毎年の例のごとく)青々と萌えている。」と(杜甫の詩の一節を口ずさみ)、笠を敷いて(腰をおろし)、時が経つまで(懐旧の)涙を流したことであった。  (高館に来てみると)夏草が茫々と生い茂っている。ここはかつて義経達が功名を夢見て戦い、藤原氏一族が栄華の夢に浸った所だが、それも束の間の夢と化してはかなく消え去った。 卯の花が真っ白に群れ咲いている。義経に忠義を尽くし白髪を振り乱して奮戦した兼房の姿が浮かんできて、哀れさを催すことである。   曾良 前々からうわさに聞いて驚嘆していた(中尊寺の)二堂が開帳する。経堂は(清衡、基衡、秀衡の)三代の将軍の像を残し、光堂は三代の棺を納め、阿弥陀三尊の仏像を安置している。(華麗な装飾を誇った)七宝は散り失せ、珠玉をちりばめた扉は風に破れ、黄金に輝く柱は霜や雪のために朽ちて、もう少しで空しい(廃墟の)草むらとなってしまうはずのところを、(堂の)四方を新たに囲み、屋根を覆って風雪を耐えしのいでいる。(こうして)しばらくの間ではあるが、千年の昔をしのばせる記念物となっている。  (すべての物を朽ちさせる)五月雨も、この光堂だけは降り残してきたのだろうか。(燦然と光り輝いているよ。) 日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス