読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古典ガール-高校古典の品詞分解と現代語訳-

高校古典の品詞分解と現代語訳の最強決定版です。これで定期試験やノート作り対策もばっちり。LINEで友達に広げて、カフェでワイワイ勉強会。

伊勢物語 筒井筒 現代語訳

現代語訳
 伊勢物語    筒井筒  昔、田舎で生計をたてていた人の子どもたちが、井戸のあたりに出て遊んでいたが、大人になったので、男も女も互いに(相手を意識して)恥じらい合っていたが、男は「この女をぜひとも妻にしたい。」と思う。女は「この男を(夫にしたい)。」と思いつづけて、(女の)親が(他の相手と)結婚させようとするけれども、聞き入れないでいた。 そうして、この隣の男のもとから、このように(歌を詠んできた)。 筒井の井筒で測り比べた私の背丈も、今ではすっかり井筒を越えてしまったようです。あなたにお会いしないうちに。 女の返し、 互いに長さを比べ合った振り分け髪も、今ではすっかり肩を過ぎるまで伸びました。あなた(のため)ではなくて、いったい誰が髪上げをしましょうか。(ほかならぬあなたのためにするのです。) などと互いに歌を詠み交わし合って、とうとうもとからの望みの通り、二人は結婚した。 そうして、何年か経つうちに、女は親が亡くなって、生活を頼るあてが無くなったので、(男は)「一緒に貧しい暮らしをしていられようか。」と思って、河内の国、高安の郡に、(新しく)行き通う所ができた。しかしながら、このもとの女は、「恨めしい。」と思っている様子もなくて、男を(新しい女のもとに)送り出してやったので、男は、「他に心を寄せる男がいるので、このような態度をとるのであろうか。」と思い疑って、前栽の中に隠れて座り、河内へ行ったふりをして様子を見ていると、この女は、たいそう念入りに化粧をして、ぼんやりと遠くを眺めながら、 風が吹くと沖の白波が立つ、その「たつ」という名をもった龍田山を、この夜半にあの人はたった一人で無事に越えているでしょうか。 と詠んだのを聞いて、(男は)「この上なくいとしい。」と思って、河内へも行かなくなってしまった。 日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス