読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古典ガール-高校古典の品詞分解と現代語訳-

高校古典の品詞分解と現代語訳の最強決定版です。これで定期試験やノート作り対策もばっちり。LINEで友達に広げて、カフェでワイワイ勉強会。

伊勢物語 芥川 現代語訳

現代語訳
 伊勢物語  芥川  昔、男がいた。とても妻にできそうになかった女性を、長年求婚しつづけてきたが、やっとのことで盗み出して、たいそう暗い時分に逃げて来た。芥川という川のほとりを連れて行ったところ、(女は)草の上に置いていた露を、 「あれは何ですか。」 と男に尋ねた。 ゆく先は遠く、夜も更けてしまったので、鬼のいる所とも知らないで、雷までもがたいそうひどく鳴り、雨も激しく降ったので、荒れはててすき間だらけの倉に、女を奥に押し入れて、男は弓・胡簶を背負って戸口にいて、「早く夜が明けてほしい。」と思いながら座っていたところ、鬼はすでに一口に(女を)食ってしまった。 「あれえ。」 と(女は)叫んだけれども、雷の鳴るやかましい音に、(かき消されて)聞くことができなかった。だんだん夜も明けてゆくので、見ると連れてきた女の姿もない。(男は)地団駄を踏んで泣くけれども、どうしようもない。 あれは白玉ですか、何ですか、とあの人が尋ねたときに、あれは露ですと答えて、(その露のように私も)消えてしまえばよかったのに。  日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス