読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古典ガール-高校古典の品詞分解と現代語訳-

高校古典の品詞分解と現代語訳の最強決定版です。これで定期試験やノート作り対策もばっちり。LINEで友達に広げて、カフェでワイワイ勉強会。

去来抄 発句論 現代語訳

去来抄    発句論  先生がおっしゃるには、「発句は十七字の最初からすらすらとよみ下して来るのを一級品とする。」と。洒堂が言うには、「先生は、『発句は、おまえのように、(性質の違う素材を)二つも三つも取り合わせて作るものではない。黄金を打ち延べたように(一つのことを途切れなく展開させて)作らなければならない。』というお言葉です。」と。  先生がおっしゃるには、「発句は素材を取り合わせるとできあがってしまう。そのように巧みに取り合わせるのを上手といい、まずく取り合わせるのを下手という。」と。許六が言うには、「発句は(素材と素材を)取り合わせるものである。先生がおっしゃるには、『これほど作りやすい方法があるのを人は知らない。』というお言葉です。」と。  私去来が言うには、「素材を取り合わせて(句を)作るときは、句も多く(できるし、)句を作るのも速やかである。俳諧を始めたばかりの人は、この方法を考え(て句を作)るのがよい。上達するに及んでは、(素材を)取り合わせるか、取り合わせないかの問題ではない。」と。 日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス