読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古典ガール-高校古典の品詞分解と現代語訳-

高校古典の品詞分解と現代語訳の最強決定版です。これで定期試験やノート作り対策もばっちり。LINEで友達に広げて、カフェでワイワイ勉強会。

玉勝間 兼好法師が詞のあげつらひ 現代語訳

現代語訳
玉勝間    兼好法師が詞のあげつらひ  兼好法師の『徒然草』に、「桜の花は満開に咲いているさまだけを、月は曇りなく照りわたっているさまだけを観賞するものか、いや、そうではない。」とか言っているのは、どんなものだろうか。昔の歌々には、桜の花は満開なのを、月はかげりがないのを観賞した歌よりも、花の下では風を嘆き、月の夜には雲を嫌い、あるいは(桜の花が咲き月が出るのを)待ち、(桜の花が散り月が隠れるのを)惜しむやるせない気持ちをよんだのが多くて、趣が深い歌もとくにそういう歌に多いのは、人はみな桜の花は満開をのんびりと観賞したく、月はかげりがないということを願う心が切実であるからこそ、そうもありえないことを嘆いたのである。いったいどこの歌に、桜の花に風(が吹くの)を待ち、月に雲(がかかるの)を願ったものがあろうか、いや、ありはしない。それなのに、あの兼好法師が言っているようなことは、人の心情に反している、後世の利口ぶった心から発した、わざと構えた風情であって、本当の風流心ではない。あの兼好法師が言っている言葉は、この種類のものが多い。みな同じことである。総じて、すべての人の願う心情に反しているのを、風流とするのは、わざと作り構えていることが多いのであるよ。恋愛において、恋人と哮ったのを喜ぶ歌は趣が深くなくて、哮わないのを嘆く歌ばかりが多くて、趣も深いのも、恋人と契りを結ぶことを願うからである。人の心情は、うれしいことは、それほどにも深くは感じないものであって、ただ自分の思うようにいかないことが、深く身にしみては感じられるものであるから、いったいに、うれしいことをよんだ歌には、趣が深いものが少なくて、心の満たされないことを悲しみ憂えた歌に、しみじみとした情趣があるものが多いのであるよ。だからといって、満たされず悲しいのを、風情があるといって願うとしたらそれは、人の本心であろうか、いや、本心ではないはずである。                               (巻四) 日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス