読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古典ガール-高校古典の品詞分解と現代語訳-

高校古典の品詞分解と現代語訳の最強決定版です。これで定期試験やノート作り対策もばっちり。LINEで友達に広げて、カフェでワイワイ勉強会。

大鏡 道長と隆家 現代語訳

現代語訳
大鏡    道長と隆家  入道殿〔藤原道長〕の土御門殿でご遊宴があったときに、「こういう催しに、権中納言藤原隆家〕がいないのは、やはりもの足りないことだ。」とおっしゃって、わざわざご案内を申し上げなさいましたが、その間、杯の数も重なって、人々は酔い乱れなさって、(お着物の)紐を解いて(くつろいで)伺候していらっしゃったところ、この中納言〔隆家〕が参上されました。それで、(人々は)居ずまいを正して、座り直したりなどなさいましたので、入道殿が(隆家に)、「早く(お着物の)紐をお解きなさい。興がさめてしまいそうです。」とおっしゃったところ、(隆家公はやはり)かしこまってためらっていらっしゃるのを、〔藤原〕公信偕が、後ろから、「(私が)解いてさしあげましょう。」と言って近寄りなさると、中納言殿はご機嫌が悪くなって、「この隆家は不運なことがあるとはいえ、そなたたちにこんなふうに扱われるはずの身ではない。」と、荒々しくおっしゃるので、人々はお顔色が変わりなさいましたが、中でも、今の民部偕殿〔源俊賢〕は、興奮して、人々のお顔をあれこれ見回しなさりながら、「きっとひと騒動起こるにちがいない。えらいことだなあ。」と思っておいでです。  入道殿は、お笑いになって、「今日は、そのような冗談ごとはなしにいたしませんか。(隆家公のお紐は)道長が解いてさしあげましょう。」とおっしゃって、おそばへお寄りになって、さらさらとお解き申し上げなさると、(隆家公は)「これこそふさわしいお扱い方ですよ。」とおっしゃって、ご機嫌もお直りになって、置かれていた杯をお取りになって、杯を重ねられ、ふだんよりも羽目を外してお遊びになったありさまなど、好ましくていらっしゃいました。殿〔道長〕も(隆家公を)非常にご歓待申し上げなさったことです。                             (内大臣道隆) 日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス