読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古典ガール-高校古典の品詞分解と現代語訳-

高校古典の品詞分解と現代語訳の最強決定版です。これで定期試験やノート作り対策もばっちり。LINEで友達に広げて、カフェでワイワイ勉強会。

大鏡 三舟の才 現代語訳

大鏡    三舟の才  ある年、入道殿〔藤原道長〕が、大井川で舟遊びをなさったときに、漢詩文の舟・音楽の舟・和歌の舟と三つにお分けになって、それぞれの専門の道にすぐれている人々をお乗せになったが、(そこに)この大納言殿〔藤原公任〕が参上なさったので、入道殿が、「あの大納言は、どの舟にお乗りになるだろうか。」とおっしゃったところ、(公任偕は)「和歌の舟に乗りましょう。」とおっしゃって、(その舟で)およみになった歌なんですよ、 小倉山・・・小倉山や嵐山から吹き下ろす嵐の風が寒いので、紅葉の葉が散りかかって、誰もが一様に錦の衣を着ているように見える。 自ら進んでお願いし(て和歌の舟にお乗りになっ)ただけのことはあって、すばらしい歌をおよみになったことですなあ。公任偕ご自身もおっしゃったとかいうところでは、「漢詩の舟に乗ればよかったよ。そうして、この歌と同じくらいの(すばらしい)詩を作ったのだったら、名声を博することもきっとまさっていただろうに。残念なことをしてしまったなあ。それにしても、殿が、『どの舟に(乗ろう)と思うか。』とお尋ねになったのには、我ながら得意な気持ちがしてならなかった。」とおっしゃったとかいうことです。一道に秀でることさえたいしたことなのに、このように諸道に卓越していらっしゃったそうなのは、昔にも例のないことです。     (太政大臣頼忠) 日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス