読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古典ガール-高校古典の品詞分解と現代語訳-

高校古典の品詞分解と現代語訳の最強決定版です。これで定期試験やノート作り対策もばっちり。LINEで友達に広げて、カフェでワイワイ勉強会。

枕草子 二月つごもりごろに 現代語訳

枕草子    二月つごもりごろに  陰暦二月下旬のころに、風がひどく吹いて、空は真っ黒なうえに、(その空から)雪がちらりちらりと舞い降りる天候の日に、清涼殿の北側の黒戸のところへとのも主殿りょう寮の役人が来て、「こうしてお伺いしております(ごめんください)。」と挨拶の言葉を述べるので、(御簾のところへ)寄ったところ、「これは、〔藤原〕公任の宰相様の(お手紙です)。」と言って差し出すのを見ると、ふところ懐がみ紙に、   少し春ある・・・ほんの少し春がある心地がするよ。 と書いてあるのは、なるほど今日の天気の具合とぴったり合致しているが、この上の句はどうやってつけたらよかろうかと、考えあぐねてしまった。「どんな方が(殿上にはいらっしゃるの)。」と尋ねると、「あの殿様、この殿様。」と名前をあげる。どのお方もみなこちらが恥ずかしく思うほどたいそう立派な方々だが、中でも宰相様へのご返事を、どうしてなんでもないふうに言ってやれようかと、胸の内で思案に苦しむので、中宮様にお目にかけようとするけれども、(ちょうど)帝がおいでになって(お二人は)お休みになっている。主殿寮の役人は、「早く、早く。」とせき立てる。そうだわねえ、(下手なうえに)返事が遅いとなったら、全く取り柄がないから、ままよ、どうにでもなれと(覚悟を決めて)、   空寒み・・・空が寒いので、花に見まがうばかりに降る雪で、 と、(寒さに)ふるえふるえしながら返事を書いて(使いの者に)渡して、今ごろはどのように評価しているだろうかと思うと、つらい。  この反応を知りたいと思うが、もしけなされているなら(そんな評判は)聞きたくないと思っていると、「〔源〕俊賢の宰相様などが、『やはり(清少納言はたいしたやつだから)、帝に申し上げてないしの掌じょう侍に任官させよう。』とね、評定なさった。」と(結論)だけを、左兵衛督で、当時近衛中将でいらっしゃった方〔藤原実成〕が、お話ししてくださった。    (第百二段) 日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス