読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古典ガール-高校古典の品詞分解と現代語訳-

高校古典の品詞分解と現代語訳の最強決定版です。これで定期試験やノート作り対策もばっちり。LINEで友達に広げて、カフェでワイワイ勉強会。

枕草子 宮に初めて参りたるころ 現代語訳

枕草子    宮に初めて参りたるころ  中宮様の御前に初めて参上したころ、何を見るにもまともに正視できないことが多々あり、涙もこぼれてしまいそうなので、毎夜(御前に)参上して、三尺のみ御き几ちょう帳の後ろにお控えしていると、(中宮様は)絵などを取り出してお見せくださるのだが、(身を乗り出して拝見するのはもちろん、)手を差し出すこともできないくらいに(緊張して)、恥ずかしくてたまらない。「この絵は、こうなっていて、ああなっていて。その人が(こうして)、あの人が(こうして)。」などと(中宮様は)おっしゃる。たかつき高坏におともしした灯火なので、髪の筋なども、かえって昼間よりもあらわではっきりと見えて恥ずかしいけれども、我慢して見たりする。とても寒いころなので、袖からのぞいていらっしゃる中宮様のお手でちらりと見えるお手が、とてもつややかな薄紅梅色なのは、比類なくすばらしいと、宮中を見知っていない新参者の気持ちには、こんなすばらしい方がこの世にいらっしゃったのだわと、はっとしてしまうほど、お見つめ申し上げる。  暁には早く私室に退出してしまおうとおのずと気がせいてしまうよ。「(夜明けの嫌いな)かずら呵き城のひとことぬし一言主の神様だってもうしばらく(はいいでしょう)。」などとおっしゃるけれども、どうして斜めにでも顔を御覧になられようか、いや、御覧になられずにすませたいと、やはりうつぶしているので、み格子もお上げしない。(かもん掃づかさ司の)女官たちが参って、「この格子を、お開けください。」などと言うのを聞いて、女房が開けるのを、(中宮様は)「だめです。」とお制しになるので、(事情を察した女官たちは)笑って帰ってしまう。(中宮様が)あれこれとお尋ねになり、お話をなさるうちに、時間もたったので、「部屋へ下がりたくなってしまっているのでしょう。それなら、早く。夜分は、すぐ(おいで)。」と仰せになる。(御前から)しっこう膝行して姿を隠すや否や、(女官たちが)格子を片っ端から上げると、(外は)雪が積もっていたのだったよ。とう登か花でん殿のお庭は、たて立じとみ蔀が近くにめぐらしてあって狭い。雪はとてもきれいだ。  昼ごろ、「今日は、昼間でも参上しなさい。雪で曇って丸見えでもあるまい(から)。」などと、何度もお召しがあるので、部屋の古参格の女房も、「見ていられない。そんなに引っこんでばかりいようとしてよいものですか。あっけないほど容易に中宮様の御前へのお目通りが許されたのは、中宮様があなたをお気に召すわけがあるのでしょう。好意にそむくのは憎らしいものよ。」と言って、やたら急がせて出仕させるので、無我夢中の気持ちがするけれど参上するのは、本当につらい。火をたいて夜の警護をする庭先の小屋の上に(雪が)積もっている様子も、常とは違って、趣がある。(第百七十七段) 日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス