読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古典ガール-高校古典の品詞分解と現代語訳-

高校古典の品詞分解と現代語訳の最強決定版です。これで定期試験やノート作り対策もばっちり。LINEで友達に広げて、カフェでワイワイ勉強会。

沙石集 歌ゆゑに命を失ふ事 現代語訳

沙石集 歌ゆゑに命を失ふ事  天徳の御歌合のとき、兼盛と忠見は、ともに御随身として左方と右方にそれぞれ加わっていた。「初恋」という題をいただいて、忠見は、名歌を作り出したと思って、兼盛もどうしてこれほどの歌をよむことができようか、いや、よめはしないだろうと思った。 恋すてふ・・・恋をしているという私の評判は、早くも世間に広まってしまったことだよ。人に知られずひそかに思い始めたのに。 そうして、すでに帝の御前で歌をよみあげて、判定なさっていたときに、兼盛の歌として、 つつめども・・・(誰にも知られないように)つつみ隠していたが、顔色に表れてしまったことだよ、私の恋は。もの思いをしているのかと人が尋ねるほどに。 (という歌が出された。)判者たちは、(ともに)名歌であったので、判定を決めかねて、帝のご意向をうかがったところ、帝は、忠見の歌を、二、三度口ずさみなさった。兼盛の歌は、何度も繰り返し口ずさみなさった(ので、その)ときに、帝のご意向は左にあるということで、兼盛が勝ってしまった。 忠見は、落胆して、気がふさいで、食欲がなくなる病気にかかってしまった。回復の見込みがないということを聞いて、兼盛が見舞いに行ったところ、(忠見は)「格別の病気ではない。御歌合のとき、(私は)名歌を作り出したと思われましたのに、あなたの「ものや思ふと人の問ふまで」(の歌)に、あれまあと思って、驚きあきれたことに思われてから、気がふさいで、このように病気が重くなったのです。」と言って、ついに死んでしまった。  執着する心はよくないけれども、歌道に熱心に打ち込む姿勢は、殊勝なことです。ともに名歌であるから、『拾遺集』に入集しているのでしょうか。 日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス