読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古典ガール-高校古典の品詞分解と現代語訳-

高校古典の品詞分解と現代語訳の最強決定版です。これで定期試験やノート作り対策もばっちり。LINEで友達に広げて、カフェでワイワイ勉強会。

伊勢物語 小野の雪 現代語訳

伊勢物語    小野の雪  昔、水無瀬の離宮にお通いなさった惟喬の親王が、いつものように狩りをしにおいでになる供に、う右ま馬づかさ寮の長官である翁がお仕え申し上げた。何日かたって、(親王は京の)御殿にお帰りになった。(翁は御殿まで)お送りして、早く退出しようと思っているのに、(親王は)お酒を下さったり、ご褒美を下さろうとしたりして、(翁を)お帰しにならなかった。この右馬寮の長官は、気が気でなくて、 枕とて……枕(にしよう)として草を引き結んで旅寝をすることも、今夜はいたしますまい。秋の夜長でさえあてにできないのに、(今は春の短夜で、ましてあてにできません)。 と(歌を)よんだ。時は三月の末であった。親王は、お休みにならないで(翁を傍らにしたまま)夜明かしなさってしまった。このような日々を重ね、参上してお仕え申し上げていたのに、思いがけず、(親王は)出家なさってしまった。(右馬寮の長官は)正月に拝顔申し上げようとして、小野に参上したが、比叡山の麓であるから、雪がたいそう高く積もっている。無理に親王のご庵室に参上して拝顔申し上げると、(親王は)所在なげで、たいそうもの悲しいありさまでいらっしゃったので、(翁は予定より)少し長い間おそばに伺候して、昔のことなどを思い出してお話し申し上げた。(翁は)このままおそばにお仕えしていたいと思うけれども、宮中での公の行事などもあったので、お仕えすることができなくて、夕暮れに(京へ)帰るということで、 忘れては……現実をふと忘れては夢ではないかと思います。かつて思ったでしょうか、いいえ、思いも寄らぬことでございました、このように雪を踏み分けて親王様にお目にかかろうとは。 と歌をよんで、泣く泣く(京に)帰って来てしまった。 日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス