読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古典ガール-高校古典の品詞分解と現代語訳-

高校古典の品詞分解と現代語訳の最強決定版です。これで定期試験やノート作り対策もばっちり。LINEで友達に広げて、カフェでワイワイ勉強会。

伊勢物語 通ひ路の関守 現代語訳

伊勢物語    通ひ路の関守  昔、ある男がいた。東の京の五条あたりに、ひどく人目を避けて通っていた。ひそかに通う所なので、門から入ることもできないで、子供たちが踏み壊した土塀のくずれた所から通っていた。(そこは)人目が多い所ではないが、(なにしろ男の訪れが)たび重なったので、邸の主人が聞き知って、その通い路(である土塀のくずれた所)に、毎夜番人を置いて見張らせたので、(男は)出かけても(女に)会うことができないで帰ったのであった。そこで男がよんだ(歌)。 人知れぬ……人知れず通う私の通い路に関所を設けて妨げる見張りの番人は、どうか毎晩ぐっすりと寝てしまってほしいものだ。 とよんであったので、(女は悲しくて)とてもひどく心を痛めた。(それを見て)邸の主人は(あえて男の訪れを妨げずに)黙認してしまったのであった。  (これは実のところは、男が)二条の后のもとへこっそりと参上していたのを、世間の評判になったので、(后の)兄たちが監視させなさったということである。 日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス