読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古典ガール-高校古典の品詞分解と現代語訳-

高校古典の品詞分解と現代語訳の最強決定版です。これで定期試験やノート作り対策もばっちり。LINEで友達に広げて、カフェでワイワイ勉強会。

伊勢物語 初冠 現代語訳

伊勢物語    初冠  昔、ある男が、元服して、奈良の旧都、春日の里に、(そこを)領有している縁で、狩りに出かけた。その里に、とてもたおやかで優美な姉妹が住んでいた。この男は、(その姉妹を)のぞき見してしまった。思いがけず、(さびれた)旧都にいかにも不似合いであったので、(男は)心が乱れてしまった。(そこで)男は、(自分が)着ていた狩衣の裾を切って、歌を書いて贈る。その男は、しのぶずりの狩衣を着ていた(のだった)。 春日野の……春日野に生い出でた若々しい紫草のようなあなた方を見て、この紫色のしのぶずりの狩衣の乱れ模様のように、あなた方を恋いしのぶ心の乱れは限りも知られないほどです。 と、大人ぶって歌をよんで贈った。(こんなことをしたのは、男が)折に合った風流なこととでも思ったのであろうか。 みちのくの……陸奥の国のしのぶずりの乱れ模様のように、あなた以外の誰かのせいで心が乱れ始めた私ではないのに(このように乱れた恋心はあなたのせいなのです)。 という古歌の趣向(をふまえたもの)である。昔の人は、このように熱烈な風流事をした(のだった)。 日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス