読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古典ガール-高校古典の品詞分解と現代語訳-

高校古典の品詞分解と現代語訳の最強決定版です。これで定期試験やノート作り対策もばっちり。LINEで友達に広げて、カフェでワイワイ勉強会。

竹取物語 帝の求婚 現代語訳

竹取物語    帝の求婚  帝は、急に日を定めて、御狩りにお出かけになって、かぐや姫の家にお入りになって(内部を)御覧になると、(家の中いっぱいに)光が満ちあふれるように輝いて、美しい姿で座っている人がいた。「これがかぐや姫だろう。」とお思いになって、近くお寄りあそばすと、(女は奧のほうへ)逃げて入ろうとした、その袖を(帝が)おとらえになったので、(女は)顔を(もう一方の袖で)覆ってそこに控えていたが、初めに(かぐや姫の姿を)よく御覧になっていたので、比類なくすばらしくお感じになって、「放しはしないよ。」と言って、連れていらっしゃろうとすると、かぐや姫が答えて奏上する、(それは、)「私の身は、もしこの国に生まれておりましたらお召し使いになってよろしいのですが、(そうではないのですから)連れていらっしゃるのはとても難しいのではございませんでしょうか。」と奏上する。帝は、「どうしてそんなことがあろうか、いや、そんなことはない。やはり連れて行こう。」と言って、御輿を(そばに)お寄せになると、このかぐや姫は、急に(影のように姿を消して)見えなくなってしまった。(これには帝はあまりにも)あっけなく、残念だとお思いになって、本当に、普通の人ではないのだなあとお思いになって、「それほどいやなのなら、お供としては連れて行かないよ。もとのお姿におなりください。せめてそのお姿だけでも見て帰ろう。」と仰せになると、かぐや姫は、もとの姿になった。(その姿を見て)帝は、やはり(かぐや姫を)すばらしいとお思いになるお気持ちを(どうにも)抑えきれない。(帝は)こうして(かぐや姫を)見せてくれた造麻呂にお礼をおっしゃる。そうして(翁のほうも、帝のお供をして)お仕えしているもろもろの役人たちに、きょう癘えん宴を盛大に催して差し上げる。  帝は、かぐや姫を残してお帰りになることを、満足ゆかず残念にお思いになったが、魂を残しとどめた気持ちがしてお帰りあそばした。御輿にお乗りになってから、かぐや姫に対して、(帝は、次のようにおよみになった。) 帰るさの……帰途のみゆき行幸がもの憂く思われて、つい振り返ってしまっ て心が残る。(それというのも)私の言葉にそむいてあとに残るかぐや 姫ゆえに。 お返事を(、かぐや姫は次のようによんだ)、 葎はふ……葎がはい広がっている(ような粗末な)住居でも(こうし て)長年暮らしてきた私が、どうして(今さら)玉の(ような美しい)御殿を見る気になりましょうか(、とうていそんな気にはなれません)。 これを、帝は御覧になって、ますますお帰りになる方向もわからないようにお思いになる。ご心中は、とても帰ることができそうにもお思いにならなかったけれども、だからといって、(ここで)夜をお明かしになるわけにもいかないので、(しかたなく)お帰りあそばした。 日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス