読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古典ガール-高校古典の品詞分解と現代語訳-

高校古典の品詞分解と現代語訳の最強決定版です。これで定期試験やノート作り対策もばっちり。LINEで友達に広げて、カフェでワイワイ勉強会。

徒然草 ある者、子を法師になして 現代語訳

徒然草    ある者、子を法師になして  ある人が、子を法師にして、「学問をして因果応報の道理をも理解し、説経などをして生計の手段にもせよ。」と言ったので、(子は親の)教えのとおりに、説経師になるために、まず馬に乗ることを習った。輿や牛車は持たない自分が、導師として招かれるようなとき、馬などを迎えによこしたとして、へっぴり腰で落馬してしまったとしたら、情けないだろうと思った(からであった)。次に、法事のあと、(その家の人が)酒などを勧めることがあるとしたらそのときに、法師がまるで芸がないのは、施主が興ざめに思うだろうと考えて、早歌ということを習った。二つの芸が、次第に熟練の境地に達したので、ますます立派にやりたく思われて、身を入れて稽古していたうちに、説経を習うはずの暇もなくて、年をとってしまった。 この法師だけではなく、世間の人は、一般にこれと同じことがある。若いうちは、何かにつけて、立身出世し、専門の道でも大成し、芸能をも身につけ、学問をもしようと、将来はるか遠く心づもりしていることごとを心にはかけるけれども、(自分の)一生をのんきに考えて怠けては、まずさしあたった目前のことにだけ取り紛れて月日を送ると、どれこもれも成し遂げることなくて、身は老いてしまう。結局はその道の達人にもならず、思ったように立身出世もしない。後悔しても取り返すことができる年齢ではないので、走って坂を下る輪のように(急速に)衰えていく。 だから、一生のうちで、主としてあることが願わしいと思うことの中で、どれがまさるかとよく思い比べて、最も重要なことを考え定めて、そのほかのことは断念して、一つのことに励むべきである。一日のうち、ひとときの間でも、多くの用事が生じて来るような中で、少しでも利益が多いことに励んで、そのほかは打ち捨てて、重要なことを速やかに行うべきである。どれをも捨てまいと心に執着しては、一つのことも成就するはずがない。 日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス