読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古典ガール-高校古典の品詞分解と現代語訳-

高校古典の品詞分解と現代語訳の最強決定版です。これで定期試験やノート作り対策もばっちり。LINEで友達に広げて、カフェでワイワイ勉強会。

徒然草 久しく隔たりて会ひたる人の 現代語訳

徒然草    久しく隔たりて会ひたる人の  長い間離れていて(久しぶりに)会った人が、自分のほうにあったことを、あれもこれもと残るところなく(すべて)語り続けるのは、興ざめである。隔てなく慣れ親しんでいる人でも、時がたって会うのは、気恥ずかしくないことがあるだろうか、気はずかしいにちがいない。(教養が)一段劣っている人は、ほんのちょっと外出して(帰って来た場合)さえも、今日あったことだと言って、息を継ぐ余裕もなく語って自分でおもしろがるものである。教養のある人が話をする様子は、人が大勢いても、(その中の)一人に向かって話をするのを、自然とほかの人も聞くのである。(それを、)教養のない人は、誰と(話していると)もなく、大勢の人の中に身を乗り出して、(目の前に)見ていることのように話をことさらおもしろくして語るので、みなが一斉に大声を立てて笑うのは、実に騒々しい。おもしろいことを言ってもあまりおもしろがらないのと、おもしろくないことを言ってもよく笑うことによって、きっと(その人の)品位の程度を推し測ることができるだろう。  人の容姿のよしあし(のこととか)、学問のある人の場合はその学問に関することなどを論評し合っているときに、自分自身のことを引き合いに出して意見を言うのは、ひどく興ざめなものだ。 日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス