読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古典ガール-高校古典の品詞分解と現代語訳-

高校古典の品詞分解と現代語訳の最強決定版です。これで定期試験やノート作り対策もばっちり。LINEで友達に広げて、カフェでワイワイ勉強会。

徒然草 あだし野の露消ゆるときなく

徒然草    あだし野の露消ゆるときなく  あだし野の露は消えやすいが、そのように消えるということなく、鳥部山に立つ(火葬の)煙は消え去ってしまうが、そのように消え去るということなく、この世の限りまで住み通すならわしであるなら、どんなにか物事のしみじみとした情趣もないことだろう。この世は無常であるからこそ、たいへんすばらしいのだ。  命があるものを見ると、人間ほど(命が)長いものはない。かげろうが(朝に生まれて)夕方も待たずに死に、夏の欟が春や秋を知らないで死んでしまうというような(短命な生き物の)例もあることだよ。しみじみと一年を暮らす間さえも、このうえなくゆったりと感じられるものだよ。(それを、何年生きても)飽き足りなく思い、(命を)惜しいと思うなら、たとえ千年を過ごしても、たった一夜の夢のような(はかない)気持ちがするだろう。永久に生き続けることができないこの世に(生き長らえて)、老醜の姿を待ち迎えていったいどうしようというのか、どうしようもないのである。長生きをすると恥をかくことが多いものだ。長くても四十歳に足りないくらいで死ぬのが、見苦しくないだろう。  その年ごろを過ぎてしまうと、(老い衰えた)容貌を恥じる心もなくなり、人前に出て仲間に入ることを願い、傾きかけた夕日のように余命いくばくもない身で子孫に執着して、(彼らが)繁栄していく将来を見届けるまでの長寿を期待し、むやみに名誉や利益をほしがる心ばかりが深くなり、物事の情趣もわからなくなっていくのは、あきれ果てるほど嘆かわしいことである。 日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス