読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古典ガール-高校古典の品詞分解と現代語訳-

高校古典の品詞分解と現代語訳の最強決定版です。これで定期試験やノート作り対策もばっちり。LINEで友達に広げて、カフェでワイワイ勉強会。

徒然草 いでや、この世に生まれては

徒然草    いでや、この世に生まれては  さてまあ、この世に生まれたからには、願わしく思うはずのことが多いようだ。  天皇の御位はたいそう恐れ多いものだ。皇族の末流のご子孫までも、人間界の血筋でないのが実に貴いことだ。摂政・関白のご様子は言うまでもない、普通の貴族でも、舎人などを(朝廷から)いただく身分は立派に見える。その子・孫までは、おちぶれてしまっていても、やはり優雅である。それより下の身分の者は、身分や家柄に応じて、時流に乗り、得意顔であるのも、自分では立派だと思っているのだろうが、たいそうつまらないものだ。  法師ほどうらやましくないものはあるまい。「人には木の端のように思われるよ。」と清少納言が書いているのも、本当にもっともなことだよ。(法師が)権勢盛んで、世間で高い評判が立っているのにつけても、立派だとは見えない。増賀上人が言ったとかいうように、世間的な名声に執着して、そのために身を苦しめ、仏のお教えに背いているだろうと思われる。一途な世捨て人は、きっとかえって好ましい点もあるだろう。  人は、容貌や風采がすぐれているようなのこそ、望ましいことだろう。ちょっと何か言ったときでも、聞きにくくなく、やさしくあたたかみがあって、口数の多くない人は、飽きることなく対座していたいものだ。立派だと思っていた人が、期待はずれに思われる本性を見せるようなのは残念なことだろう。家柄や容貌は生まれつき備わっているであろうが、心はどうして、(今)賢いよりも(さらに)賢いほうへ移そうとしたら移らないことがあろうか。容貌・気だてのよい人も、学問的な教養がないということになると、家柄も劣り、顔の憎々しげな人にも立ち交わって、たわいなく、圧倒されてしまうのは、不本意なことである。  そうあってほしいことは、本格的な学問の道、漢詩を作ること、和歌、音楽の道(に通じていること)、また有職故実や儀礼の方面(に明らかで)、人の範であるというのはすばらしいにちがいない。筆跡なども下手ではなくすらすらと書き、声がよくて笏拍子を打って歌い、迷惑そうにするものの、酒嫌いでないのが、男としてはよい。 日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス