読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古典ガール-高校古典の品詞分解と現代語訳-

高校古典の品詞分解と現代語訳の最強決定版です。これで定期試験やノート作り対策もばっちり。LINEで友達に広げて、カフェでワイワイ勉強会。

十訓抄 成方の笛 現代語訳

十訓抄 成方の笛 成方という笛吹きがいた。御堂入道〔藤原道長〕殿から大丸という笛をいただいて、吹いていた。すばらしいものなので、伏見修理大夫俊綱朝臣がほしがって、「千石で買おう。」と言ったが、売らなかったので、計略を思いめぐらして、使いを送って、「(成方が大丸を)売ろうということを言った。」とうそを(言うようにあらかじめ)言いつけて、成方を召し出して、「笛を譲ろうと言ったのは、願いどおりだ。」と喜んで、「値段はおまえが求めるとおりにしよう。」と言って、「ただもうぜひに買おう。」と言ったので、成方は真っ青になって、「そのようなことは申していません。」と言う。 (そこで俊綱は)この使いを召し迎えて、お尋ねになると、「間違いなく申しました。」と言うので、俊綱はたいそう怒って、「人をあざむき、だますことは、その罪は、軽くないことだ。」と言って、雑用を務める使用人の詰め所に(成方を)下げ渡して、木馬に乗せ(て拷問し)ようとするので、成方が言うことには、「私に時間をいただいて、(家に戻って)この笛を持って参りましょう。」と言ったので、人をつけて行かせる。 (成方が)帰って来て、腰から笛を抜き出して言うことには、「この笛のせいで、こんな目にあうことだよ。いまいましい笛だ。」と言って、軒の下に下りて、石を取って、灰のように粉々に打ち砕いてしまった。 大夫は、笛を取ろうという心の深さのせいで、さまざまに工夫したが、(大丸が打ち砕かれてしまった)今となってはしかたがないので、(成方を)処罰することもできないで、追い返してしまった。 のちに聞くと、(大丸ではない)別の笛を、大丸と言って打ち砕いて、もとの大丸はさしさわりなく吹き歩いていたので、大夫がおろか者ということで終わってしまった。(大夫は)初めはたいそう勢い込んでいたが、結局(成方に)出し抜かれてしまった。 日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス