読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古典ガール-高校古典の品詞分解と現代語訳-

高校古典の品詞分解と現代語訳の最強決定版です。これで定期試験やノート作り対策もばっちり。LINEで友達に広げて、カフェでワイワイ勉強会。

ねずみの婿取り 現代語訳

ねずみが、娘を得て(娘ができて)、
「(この娘に)天下に並ぶ者のない(最高の)婿を取ろう。」と、
あつかましく思い立って、
「お日さまこそは、世の中をお照らしになるお力がすばらしい。」と思って、
朝日がお昇りになるのに(向かって)、
 「私は娘を持っております。顔かたちはほどよくございます。(この娘をあなた様に嫁に)さし上げましょう。」
 と申し上げると、
(太陽は)「私は世間を照らす能力があるけれども、雲に出会ってしまうと(いつも)光もなくなるのだ。雲を婿にとりなさい。」とおっしゃったので、
「ほんとうに(そうだ)。」と思って、
黒い雲が見えるのに会って、このこと(娘の婿になってほしいということ)を申し上げると、
(雲は)「私は日の光を隠す能力はあるけれども、風に吹き立てられてしまうと、どうにもならない。風を婿にしなさい。」と言う。
「なるほど(そうだ)。」と思って、山風が吹いているのに向かって、このことを申し上げると、
(風は)「私は雲をも吹き飛ばし、木や草をも吹きなびかせる能力があるけれども、土塀に会ってしまうとどうしようもないのだ。土塀を婿にしなさい。」と言う。
「なるほど(そうだ)。」と思って、土塀にこのことを言うと、
「私は風で(は)動かないという能力はあるけれども、ねずみに掘られた時は、こらえがたいのだ。」
と言ったので、
(親ねずみは)それでは、ねずみは何に対してもまさっているのだと思って、
ねずみを(娘の)婿にとったのであった。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス