読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古典ガール-高校古典の品詞分解と現代語訳-

高校古典の品詞分解と現代語訳の最強決定版です。これで定期試験やノート作り対策もばっちり。LINEで友達に広げて、カフェでワイワイ勉強会。

平家物語 壇の浦の戦い 現代語訳

 新中納言平知盛使者を立てて、
 「能登殿、そんなに人を殺して罪作りをなさるな。そんなことをなさったとて、ふさわしい敵でもござるまいに。」
とおっしゃったところ、「しからば大将軍源義経に組めというのだな。」と解釈して、刀の柄を短めにもって、源氏の船に乗り移り乗り移り、わめき叫んで攻め戦う。(能登殿は)判官義経を見知っておられなかったので、鎧兜の立派な武者を判官かと目をつけて、飛び回る。判官もそれに前もって気がついていて、戦陣の表面に立つようにはしたけれども、あちらこちらと行き違って能登殿には組まれない。ところが、どうしたはずみであったのだろうか、判官の船に乗り当たって、あっ、あれだとねらいをつけて飛びかかると、判官はかなわないと思われたのだろうか、長刀を脇に抱えはさんで、味方の船で、六メートルほど離れていたのに、ゆらりと飛び乗られた。能登殿は、早わざでは劣っておられたのだろうか、すぐに続いてお飛び移りにもならない。
 もうこれまでと思われたので、太刀と長刀を海へ投げ入れ、兜もぬいで捨ててしまわれた。鎧の草摺を引きちぎって捨て、胴だけを着て、乱髪になり、両手を左右に大きく広げてお立ちになっていた。まったくのところ、威勢があって近寄れないようだった。恐ろしいなどの表現ですむものではなかった。能登殿は、大声を張りあげて、
 「われこそはと思う者どもは、ここに来て教経と組み合って生け捕りにしろ。鎌倉へ下って、頼朝に会って、一言文句を言ってやろうと思うぞ。近寄れよ、近寄れ。」
とおっしゃるけれども、近寄る者は一人もなかった。
 ところがここに、土佐の国の住人で、安芸郷を支配していた安芸の大領実康の子に、安芸太郎実光といって、三十人力をもっている大力の武勇に優れた者がいた。実光自身に少しも力が劣らない従者が一人、それに、弟の次郎も普通の者よりはすぐれたつわものである。安芸太郎が、能登殿を拝見して申したのには、
 「どれほど勇猛でいらっしゃっても、我ら三人が組みついたとしたら、たとえ背たけが三十メートルもある鬼であっても、どうして屈服させられないことがあろうか。」
と言って、主従三人が小船に乗って、能登殿の船に強引に並び、
 「えい。」
と言って乗り移り、兜の錣をななめにして、太刀を抜いて横に一列になって打ちかかる。能登殿は少しもおあわてにならず、まっ先に進み出た安芸太郎の従者を、呼吸をあわせて足払いをくわせ、海へどっと蹴込まれる。続いて近寄る安芸太郎を左の脇につかんではさみ、弟の次郎を右の脇にかかえてはさみ、ひと締めぐっと締めて、
 「さあ、それではお前たち、冥土の旅の供をしろ。」
と言って、生年二十六歳にして、海へ突然さっとお入りになる。
 新中納言知盛は、
 「見届けなければならないことは(すべて)見届けた。今は自害しよう。」
と言って、乳兄弟の伊賀平内左衛門家長をお呼び寄せになって、
 「どうだ、(生死を共にするという)約束は違わないだろうな。」
とおっしゃると、
 「言うまでもないことです。」
と(こたえて)、新中納言に鎧を二領お着せ申し、自分も鎧二領を着て、手を取り組んで海へ入った。これを見て侍ども二十余人が(主君に)後れ申すまいと、手に手を取り組んで、同じ所に沈んだ。そうした中で、越中次郎兵衛盛嗣、上総五郎兵衛忠光、悪七兵衛景清、飛彈四郎兵衛は、どうして逃れたのだろうか、そこもまた落ちのびたのであった。海上には(平家であることを示す)赤旗や赤印が投げ捨てられ、乱暴に取り捨てられていたので、竜田川の紅葉の葉を嵐が吹き散らしたようである。水際に打ち寄せる白波も薄い紅色になってしまった。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス