読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古典ガール-高校古典の品詞分解と現代語訳-

高校古典の品詞分解と現代語訳の最強決定版です。これで定期試験やノート作り対策もばっちり。LINEで友達に広げて、カフェでワイワイ勉強会。

とりかへばや物語 父大納言の苦悩 現代語訳

とりかへばや物語

   父大納言の苦悩

 春の所在ない折、御物忌みで(さしせまった用もなく)のんびりとした昼のころ、

(大納言が)姫君のお部屋にいらっしゃったところ、(姫君は)いつものように御帳台の中で箏の琴をひっそりと気の向くままに弾いていらっしゃるようである。

女房などはあちらこちらに集まって座っては、碁や双六などを打って、たいそう所在なさそうな様子である。

(大納言は)御几帳を押しやって、「なぜこのように籠ってばかりいらっしゃるのか。満開の桜の花の美しさも御覧なさいよ。

女房たちなどもあまりにも気が晴れず、つまらなさそうに思っていますよ。」と言って、

浜床に寄りかかってお座りになると、

(姫君の)御髪は座ったときの背丈より七、八寸ほど長いので、薄が穂を出している秋の風情が感じられて、毛先の様子はしなやかになびきかかりながら、

物語に「扇を広げたよう」などと、おおげさに言っているほどではなくて、(大納言は)「これくらいの髪こそが魅力的なのだなあ。

昔のかぐや姫も、親しみやすくすばらしいという点ではこれほどでもなかっただろう。」と御覧になるにつけては、目も涙にくれながら、

(姫君の)近くにお寄りになって、「これは、どうしてすっかりこんなふうになってしまわれたのだろうか。」とおっしゃって、

涙を目いっぱいに浮かべて(姫君の)御髪をかき上げなさると、

(姫君が)とても恥ずかしそうに思い込んでいらっしゃるご様子は、汗をかいて、(上気した)お顔の色は紅梅が咲き出したように赤く色づきながら、涙もこぼれ落ちそうに見えるお目もとが、とてもつらそうなので、

いよいよ(大納言)自身も涙があふれて、しみじみと他のこと何も考えず(姫君を)いとおしく拝見なさる。


 そうはいっても、(姫君は)きまりが悪いので、化粧して整えていらっしゃらないけれども、

わざわざたいそう念入りに(化粧)しているような(お顔の)色つやである。御額髪も汗でもつれて丸くなって、わざわざひねって癖をつけているように(顔に)垂れかかって、可憐で愛らしい。

(大納言は)「(顔を白粉で)白くたっぷり塗りつけているのは、たいそういやな感じなのだなあ。

このように(化粧のない素顔で)見るのがよいのだなあ。」と感じられる。

(姫君は)十二歳でいらっしゃるが、未熟で発育が不十分なところもなく、体つきがすらりとして優美な様子は、このうえないよ。

桜襲【かさね】の袿で、柔らかに着慣らしたのを六枚ほど重ねて、葡萄染めの織物の表着、色の取り合わせが派手でない衣を着こなしていらっしゃるのが、

人となりに引き立てられて、袖口や裾の端まで趣ある様子である。(

大納言は)「いやもう、あきれたことよ。尼などとして、ひたすらその方面の修行(をさせること)で世話をしていくのがよいだろうか。」と御覧になるにつけても、

残念で、思わず涙にかきくれていらっしゃる。

 

いかなりし……どのような前世における罪業(のためにこんなことになったのか)と思うにつけても、この世でいよいよ悲しい思いをすることだよ。

 

(大納言が)西の対にお渡りになると、横笛をぞっとするほど澄みわたった音色で吹いているようである。

(笛の音は)空に響き上るように聞こえるので、(大納言は)自分の気持ちもなんとなく落ち着かず、

「珍しい音色だ。この笛の音もあの子が吹いているのだろう。」とお聞きになるにつけ、また気持ちもかき乱れるようだが、

何気なく振る舞って、若君のお部屋をおのぞきになると、(若君は)居ずまいを正して笛は置いてしまった。桜襲・山吹襲など、

こちらはさまざまな色合いの(袿の)上に、萌黄色の織物の狩衣、葡萄染めの織物の指貫を着て、

顔はたいそうふっくらとして色つやがとても美しくて、目もとが利発そうで、どことなく際立って気品に満ちて、愛らしい魅力は指貫の裾までこぼれ落ちているようである。

見ていたく目を驚かす美しさを、少し見ると、落ちる涙も嘆かわしい思いも思わず忘れて自然と笑みがこぼれる(若君の)ご様子を、

(大納言は)「ああ困ったことだ。この若君も本来の女として大切に育て上げていたら、どれほどすばらしくかわいらしいだろう。」と胸のつぶれる思いで、

御髪も、こちらは長さこそ(姫君に)劣っているけれども、裾などは扇を広げたようで、座ったときの背丈に少し足りない長さにこぼれかかっている様子や頭の形など、

見るたびに自然とほほえまれるけれども、(大納言の)心の中はつい暗くなることよ。

(若君が)たいそう身分の高い人の子供などをたくさん引き連れて、碁や双六を打ち、にぎやかに笑い騒ぎ、蹴鞠や小弓などで遊ぶのも、たいそう異様で風変わりである。

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス