読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古典ガール-高校古典の品詞分解と現代語訳-

高校古典の品詞分解と現代語訳の最強決定版です。これで定期試験やノート作り対策もばっちり。LINEで友達に広げて、カフェでワイワイ勉強会。

蜻蛉日記 ゆする坏の水 現代語訳

蜻蛉日記

   ゆする坏の水

 (兼家様が訪れて)のどかな気持ちで過ごしている日に、 ほんの些細なことを言い合った末に、私もあの人も(互いに)相手をあしざまに言うようになって、(兼家様は)恨み言を言って出て行く仕儀になってしまった。 (兼家様は)縁先のほうに歩み出て、幼い人〔道綱〕を呼び出して、「わしはもう来ないぞ。」などと言い残して、出て行ったところすぐさま、 (道綱は)部屋にはって入って来て、激しく大声を上げて泣く。 (私は)「これはいったいどうしたの、何があったの。」と声をかけるが、 (道綱は)返事もしないで(泣くので)、どうせ、そういうことだろうと、察しはつくけれども、 人〔侍女〕が聞くのもいやで正気を失っているようなので、わけを聞くのをやめにして、 あれこれ(道綱を)なだめているうちに、五、六日ほどになったのに、(兼家様からは)何の音沙汰もない。 いつもとは違う隔たりになったので、「ああ狂気じみていることだ。冗談だとばかり私は思っていたのに。 (もともと)頼りない仲だから、このまま終わりになるようなこともきっとあるだろうよ。」と思うので、 心細くてぼんやりもの思いにふけっているときに(ふと見ると)、 (兼家様が)出て行った日使ったゆする坏の水は、そのまま(残って)あるのだった。 水面にほこりが浮いている。「こんなに(なる)まで(あの人は来てくれないのだわ)。」と、あきれて、
絶えぬるか・・・二人の仲は終わってしまったのですか。せめてこの凖坏の水に映るあなたの姿でもあったら尋ねることができるのに、(あなたが残していった)形見の水には、水草が浮いていましたよ。(あなたの姿は映らず、心中を尋ねることもできません。)
などと思っていたちょうどその日に、(兼家様は)姿を見せた。 (本心を問いただしたい思いは)いつもの調子でうやむやになってしまったよ。 このようにひやひやするときばかりあるのが、全く気の休まることもない、それがつらいのだったよ。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス