読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古典ガール-高校古典の品詞分解と現代語訳-

高校古典の品詞分解と現代語訳の最強決定版です。これで定期試験やノート作り対策もばっちり。LINEで友達に広げて、カフェでワイワイ勉強会。

更級日記 大納言殿の姫君 現代語訳

更級日記  大納言殿の姫君 

 五月ごろ、夜が更けるまで物語を読んで起きていたところ、どこから来たともわからないが、猫がたいそうのどやかに鳴いているので、はっとして見ると、とてもかわいらしい猫がいる。

どこから(迷って)来た猫かと見ていると、

姉である人が、「しっ、静かに、人に聞かせるな。たいそうかわいらしい猫だこと。飼いましょう。」と言うので(飼うと)、非常に人慣れしていて、(私の)そばに寝ている。

 探している飼い主がいるかと、これを隠して飼っていると、(この猫は)下衆のところには全く寄りつかず、ぴったり(私たちの)前にばかりいて、食べ物も、汚らしいものは、顔を背けて、食べない。

私たち姉妹の間にぴったりまとわりついて、(私たちが)おもしろがり、

かわいがっているうちに、姉が病気になることがあって、(姉の看病のため家内が)何かと騒がしいので、この猫を北向きの部屋にばかりいさせて(こちらに)呼ばないので、やかましく鳴き騒ぐけれども、

やはり何かわけがあって鳴くのだろうと思っていると、

病気の姉が目を覚まして、「どうしたの、猫は。こちらへ連れて来て。」と言うので、

「どうして。」と聞くと、

「夢に、この猫が、(私の)そばに来て、『私は侍従の大納言殿の姫君が、こうなっているのです。こうなるはずの縁が少しあって、こちらの妹君が、しきりにかわいそうだと思い出してくださるので、ほんのしばらくここにいるのですが、このごろ下衆の間にいて、たいそうつらいことです。』と言って、

ひどく泣く様子は、気品があって美しい人と見えて、はっと目を覚ましたところ、この猫の声であったので、ひどく胸打たれたことです。」とお話しになるのを聞くと、(私も)ひどく感動した。

 それからは、この猫を北面にも出さず心にかけて大切にお世話した。

(私が)一人ぼっちで座っているところに、この猫が向かい合っていたので、なでながら、

「侍従の大納言の姫君がいらっしゃるのですね。(お父上の)大納言殿にお知らせ申し上げたいわ。」と話しかけると、

(私の)顔をじっと見つめながら、のどやかに鳴くのも、気のせいか、一見したところでは、普通の猫ではなく、(人の言葉を)聞き分けているような顔をしていて、しみじみと心打たれる。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス