読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古典ガール-高校古典の品詞分解と現代語訳-

高校古典の品詞分解と現代語訳の最強決定版です。これで定期試験やノート作り対策もばっちり。LINEで友達に広げて、カフェでワイワイ勉強会。

更級日記 門出 現代語訳

更級日記

   門出

 東海道の果て(にある常陸の国)よりも、もっと奥のほう(の上総の国)で育った人〔私〕は、どんなにか田舎っぽかっただろうに、どのように思い始めたのだろうか、世の中に物語というものがあるそうだが、それを何とかして見たいと思い続け、手持ち無沙汰な昼間や、夜遅くまで起きているときなどに、姉や継母などというような人々が、その物語、あの物語、光源氏のありさまなどについて、(物語を)ところどころ語るのを聞くと、ますます見たさが募るけれど、私が願うとおりに、(草子も持たないで)暗記して話すことがどうしてできようか、いや、話してはくれない。とてもじれったいので、人の背丈と同じ高さに(現世に御利益のあるという)薬師如来の像を造って、手を洗いなどして、人のいない間にこっそりと(仏間に)入っては、「京に早く上らせてくださって、物語がたくさんあるそうですが、それをある限りお見せください。」と、床に身体を倒してぬか額ずき、お祈り申し上げるうちに、十三歳になる年に、上京しようということになって、九月三日に、門出をして、いまたちという所に移る。長年遊び慣れた所を、外からまる見えになるように壊し散らかして、大騒ぎして、日の沈む間際で、ひどくもの寂しい感じで一面に霧の立ちこめているときに、車に乗ろうとして、そちらへふと目をやって見たところ、人のいないときには参り参りして、額をつけ(て祈っ)た薬師仏が立っていらっしゃるのが見え、それをお見捨て申し上げるのが、悲しくて、人知れず泣けてきてしまった。
 門出して移った所は、周囲の垣などもなくて、間に合わせの茅葺きの家で、蔀などもない。簾をかけ、幕などを引き回している。南ははるか遠く野原のほうがおのずから眺められる。東と西のほうは海が近くて、たいそう景色が美しい。夕霧が一面に立ちこめて、たいそう趣深いので、朝寝などもしないで、あちこち見ては、ここを出発することも、しみじみと悲しく思われたが、同じ月の十五日に、雨があたり一面を暗くして降るときに、国境を出て、下総の国のいかたという所に泊まった。仮の宿なども浮いてしまいそうなくらいに雨が降ったりするので、恐ろしくて寝ることもできない。野の中で丘めいて小高い所に、ただ木が三本立っている。その日は雨に濡れてしまったものなどを干し、上総の国で出発し遅れた人々を待つというわけで、そこで一日を送った。
 十七日の早朝、出発する。昔、下総の国に、まのの長者という人が住んでいたそうだ。反物を千巻、万巻と織らせ、さらさせたという人の家の跡ということで、深い川を舟で渡る。昔の門の柱がまだ残っているものだといって、大きい柱が、川の中に四本立っている。人々が和歌をよむのを聞いて、私も心の中に、(次の歌をよんだ)。
朽ちもせぬ……朽ち果てもしないこの川中の柱が残らなかったら、昔の長者の屋敷跡をどうして知るかしら、知るよしもないことだ。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス