読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古典ガール-高校古典の品詞分解と現代語訳-

高校古典の品詞分解と現代語訳の最強決定版です。これで定期試験やノート作り対策もばっちり。LINEで友達に広げて、カフェでワイワイ勉強会。

源氏物語 光る君誕生 現代語訳

源氏物語

   光る君誕生

 どの(帝の)御代であったか、女御や更衣が大勢お仕えしていらっしゃった中に、それほど高貴な身分ではない方で、きわだって帝のご寵愛を受けていらっしゃる方がいた。(桐壺の更衣である。)(宮仕えの)最初から自分こそは(帝の寵愛を得よう)と自負していらっしゃった(女御の)方々は、(この方を)目にあまるものと、蔑んだり、妬んだりなさる。(この方と)同じ身分、それより身分の低い更衣たちは、(女御の方々よりも)まして気持ちがおさまらない。朝夕の宮仕えにつけても、ひどく他の女性たちの嫉妬をかきたてるばかりで、恨みを受けることが積もったのだろうか、ひどく病気がちになってゆき、何となく心細そうに実家に下がることが多いのを、(帝は)いよいよたまらないほどいとしく不憫なものにお思いになって、人々の非難をもはばかることがおできにならず、世の語りぐさにもなってしまいそうなご待遇ぶりである。上達部や殿上人なども、困ったことだと目をそらしそらしするありさまで、まことに見てはいられないほどの更衣に対する(帝の)ご寵愛である。中国でも、このような原因によって、世の中も乱れ、悪いことになったものだと、だんだん世間一般でも、苦々しく、人々のもの悩みの種になって、楊貴妃の先例までも引き合いに出してしまいそうになっていくので、(更衣は)とてもいたたまれないことが多いけれど、恐れ多い帝のご寵愛が比類ないのを頼りとして、(ほかの女性たちの間に)立ち混じって(宮仕えを続けて)いらっしゃる。
 父の大納言は亡くなって、母である(大納言の)北の方が、古い家柄の出の人で、教養ある人であって、両親がうちそろい、現在世間の評判が華々しい御方々にもさほど劣らぬように、(宮中の)何事の儀式の折にもとりはからっていらっしゃったけれども、これといったしっかりした後見人がいないので、特別なことのあるときは、やはり頼るところもなく、心細い様子である。
 前世においても、ご宿縁が深かったのだろうか、世にまたとなく清らかで美しい玉のような皇子までもお生まれになった。(帝は)早く見たいと待ち遠しくお思いになって、(その若君を)急ぎ参内させて御覧になると、世にもすぐれた幼子のお顔立ちである。第一皇子は、右大臣の(姫君である)女御の御腹(より生まれた皇子)であって、後見がしっかりし、疑いない皇太子(になられるお方)として、世間でも大切にお仕え申し上げているが、第二皇子の照り映えるお美しさにはお並びになりようもなかったので、(帝は第一皇子に対しては)並ひととおりの大切なお方といったご寵愛であって、この君を、かわいい秘蔵っ子とお思いになり大切にお世話なさることはこのうえない。
 もともと(更衣は)普通一般の天皇のそば仕えをなさるはずの身分ではなかった。世間での評価もたいへん重々しく、高貴な人らしく見えるが、(帝が)むやみに近くにおつきまとわせなさるあまりに、しかるべき管弦のお遊びの折々や、何事でも由緒ある行事のふしぶしには、まっ先に参上させなさる、またあるときにはお寝過ごしになって、そのまま(翌日も)おそばにお仕えさせになるなど、無理やりにおそばから下がらせないよう待遇なさっていたうちに、自然と身分の軽い人にも見えたのだけれど、この皇子がお生まれになってからは、たいそう格別に待遇しようとお心づもりなさっていたので、皇太子にも、悪くすると、この皇子がおつきになりそうに見えると、一の皇子の(母であるこ弘き佞でん殿の)女御はお疑いになっていた。(この女御は)ほかの方より先にじゅだい入内なさって、(帝の)大切にお思いになるお気持ちは並々でなく、皇女たちなどもいらっしゃるので、この御方のお諫めだけを、やはり気遣いなさり、気の毒なことともお思い申し上げていらっしゃった。
 (更衣は帝の)恐れ多いご庇護を頼り申し上げるのだけれど、(一方では)さげすみ、欠点をお探しになる人は多く、自分の身はか弱くはかない様子であって、かえって(ご寵愛がなかったらよかったのに)という思い悩みをなさる。(その更衣の)お部屋は桐壺である。
(桐壺)

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス