読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古典ガール-高校古典の品詞分解と現代語訳-

高校古典の品詞分解と現代語訳の最強決定版です。これで定期試験やノート作り対策もばっちり。LINEで友達に広げて、カフェでワイワイ勉強会。

大鏡 道隆と福足君 現代語訳

大鏡

   道隆と福足君

 粟田殿〔藤原道兼〕のご子息たちは三人いらっしゃいましたが、ご長男は福足君と申したのですが、幼い子供というものはみなそんなものだとは思いますけれども、(この方は)まことにあきれるほど、たちが悪く、やんちゃでいらっしゃいました。
 東三条殿〔藤原兼家〕の(六十歳の)お祝いに、この福足君に、舞を舞わせ申そうというので、(父道兼殿が)お習わせになっている間にも、だだをこね、いやがりなさるのですが、(人々は)いろいろと機嫌をとり、き祈禱(とう)までして、お教え申し上げたのですが、当日になって、とても立派に舞の装束を整え申し上げなさったところ、舞台の上にお上がりになって、楽器の音が調子を整えるために吹き合わせ始めるころに、(福足君は)「いやだよ、ぼくは舞わない。」と言って、(きれいに結い上げた)びずら角髪を引きむしり、ご装束をびりびりと引き破りなさるので、(父君の)粟田殿は、お顔の色が真っ青におなりになって、茫然自失のご様子です。そこに居合わせた人は誰も、「どうせこんなことになると思っていたよ。」と御覧になっていますが、どうすることもできないでいると、御伯父の中の関白殿〔藤原道隆〕が御殿を下りて、舞台にお上がりになりましたので、(私世継は)うまく言いなだめなさるのだろうか、あるいはまた、憎くてたまらず、(舞台から)追い下ろしなさるのだろうかと、どちらだろうと見ておりましたところ、(中の関白殿は)この君をお腰のあたりに引きつけなさって、ご自身で手を取って(福足君を)立派にお舞わせになりましたのは、楽のね音もひときわ引き立ち風流になり、福足君の御恥も隠れ、その日の興趣もことのほかにまさったことでした。御祖父殿〔兼家〕もうれしくお思いになっていました。父大臣〔道兼〕は言うまでもなく、他人でさえ、むやみに感嘆し申し上げたことでした。
 このように、(中の関白殿は)人に対して思いやり深いところがおありでしたのに、どうしてご子孫が衰えてしまわれたのでしょう。この福足君は、相手もあろうに、蛇をいじめなさって、そのたたりにより、頭に腫れ物ができて、亡くなってしまわれました。            (右大臣道兼)

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス