読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古典ガール-高校古典の品詞分解と現代語訳-

高校古典の品詞分解と現代語訳の最強決定版です。これで定期試験やノート作り対策もばっちり。LINEで友達に広げて、カフェでワイワイ勉強会。

無名抄 関路の落葉 現代語訳

無名抄 鴨長明   関路の落葉

 建春門院の殿上の歌合に、「関路の落葉」という題に対して、頼政偕の歌に、
都には・・・京の都(を立つとき)にはまだ青葉で見たが、(長い旅の末に到着すると、)紅葉が散り敷く白河の関だよ。
とおよみになりましたが、そのときは、この題の歌を多数よんで、当日まで(この歌を出すか)思い悩んで、俊恵を呼んでお見せになったところ、(俊恵は)「この歌は、あの能因の『(都をば霞とともに立ちしかど)秋風ぞ吹く白河の関』という歌に似ています。けれども、この歌は歌合に出して見映えがするはずの歌です。あの歌(ほどの出来映え)ではないが、このように(素材を)うまく取り扱うこともできるのだろうと、巧みによんだと見える。似ているといって非難しなければならない歌のさまではない。」と判断したので、(頼政は)車を近づけてお乗りになったとき、「あなたの判断を信じて、それでは、この歌を出すのがよいであろう。歌合で負けた場合の責任を負っていただこう。」と言いかけて、お出になった。
 その歌合で、思ったとおり見映えがして勝ったので、(頼政は)帰って、すぐにお礼を言って送った(。その頼政への俊恵の)返事に、「見どころがあるからこう申し上げたが、勝負(の結果)を聞かなかった間は、わけもなくはらはらしましたが、(勝ったと伺って)たいそうな手柄を立てたと、心の内では思われました。」と、俊恵は語っていましあた。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス