読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古典ガール-高校古典の品詞分解と現代語訳-

高校古典の品詞分解と現代語訳の最強決定版です。これで定期試験やノート作り対策もばっちり。LINEで友達に広げて、カフェでワイワイ勉強会。

無名抄 深草の里 現代語訳

無名抄

   深草の里

 俊恵が言うには、「五条三位入道〔藤原俊成〕のところに参上したついでに、『およみになった和歌の中では、どの歌をすぐれているとお思いですか。他の人があれこれと議論していますが、他人の言うことを採用するのはよくありません。はっきりとお伺いしようと思う。』と申し上げたところ、
『夕されば・・・夕方になると、野辺の秋風が身にしみ入るように感じられて、うずらが(寂しく)鳴くようだ。この深草の里では。
この歌を、自分にとっては代表的な歌と存じます。』と言われたが、俊恵がまた言うことには、『世間に広く人が申しますには、
面影に・・・目の前に(満開に咲く)桜の花を思い浮かべて、それを求めていくつの峰を越えて来たことか。それは実は遠山にかかる白雲だったのだが。
この歌をすぐれているように申しますのは、どうでしょうか。』と申し上げると、『さあどうでしょうか、ほかではそのようにも評定しているでしょうか。(私は)存じません。やはり自分では、先(に申し上げた「夕されば」)の歌には比較することはできない。』ということでした。」と語って、これについて内密に(私に)申したことには、「あの(『夕されば』の)歌は、『身にしみて』という第三句がたいそう残念に思われるのだ。これほど(の境地)になった歌は、具体的な景色や詩的雰囲気をさらりとよみ表して、ただ言葉にせずとも(さぞ)身にしみただろうよと思わせたのこそが、奥ゆかしくも優美でもあります。(しかし、この歌は、)上手によんでいって、歌の最も大事なところとするはずの箇所を、(「身にしみて」と)あっさりと言葉で表しているので、ひどく趣が浅くなってしまったよ。」と言って、そのついでに、「私の歌の中では、
み吉野の・・・吉野山が一面に曇って雪が降ると、麓の村里では冷たい時雨が降り過ぎ降り過ぎしていくよ。
この歌を、代表作の類にしようと思います。もし私の死んだあとで、(代表歌が)わからないと言う人もあったら、『このように言ったよ。』とお話しください。」と話した。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス